水中考古学のすすめ

沈没船引き上げ 宝 トレジャーハンター

最近何かと話題のトレジャーハンターの動向について、いろいろな情報をもとに集めてみました。


沈没船引き上げ 宝 トレジャーハンター の詳細は »

今年度は?

毎年4月にちょっとした今までを振り返りと言う記事を書いています。このサイトが2005年4月にリニューアルオープンして以来多くの人のサポートを受け成長してきました。今年度はどのような水中考古学の発展があるのでしょうか?


今年度は? の詳細は »

2006年そして来年は?

この時期は毎年その一年を振り返るのが慣わしのようですね。そこで、2006年の水中(海洋)考古学を振り返ってみたいと思います。最初はトップ3ニュースから。

第1位はなんといってもイランで沈没船発見、そして国の事業として水中考古学研究所を立ち上げる計画がでたことでしょう!日本もイランには負けてはいられない状態になってきているのでは?

第2位は中国の動きが活発になったことではないでしょうか?南海1号の引き上げ計画、そして新しい博物館の工事が進んでいます。蓬莱船(山東省)で韓国の船も含め沈没船が複数発掘されています。また、雲南省の湖で発見された石造構造物なども。

第3位は候補はいろいろありましたが、個人的には日本の情勢をまとめてひとつのニュースとしてみました。ことし始めの世界考古学会議では水中考古学関連の論文発表やポスターがありました。夏には京都で第1回海洋考古学セミナー、その他東京海洋大学が積極的に水中考古学に取り組み、実際にクラスなどが組まれていることなど。今後調査報告がなされるであろう長崎県小値賀での調査、千葉県でのサンフランシスコ号、その他太平洋を渡った古伊万里焼きなどありました。また、田辺昭三先生が亡くなられたことは悲しいニュースのひとつですが、日本水中考古学の新たな転機を示しているのではないでしょうか?


2006年そして来年は? の詳細は »

おかげさまで1年!

みなさまの好評?に支えられながら早いものでこのサイトが新しく生まれ変わってから1年が過ぎました。当初の予定よりも記事のアップデートが少ないような気がしますが、ニュースのアップデート、トリビアなど充実した内容を提供できました。掲示板もいろいろな方が書き込んでいただき感謝しています。1ヶ月平均6000人ほどサイトを見に来ていただいています。今後もますます水中考古学に興味のある人が増えることを期待しています。


おかげさまで1年! の詳細は »

2005年を振り返り・・・

2005年ももうすぐ終わりです。
そこで、今年の水中考古学のNewsや2006年の動向などのエッセイをどうぞ。


2005年を振り返り・・・ の詳細は »

ジョージ・バス教授から日本の皆さんへ

Beneath the Seven Seas: Adventures With The Institute of Nautical Archaeology
Beneath the Seven Seas: Adventures With The Institute of Nautical Archaeology
Thames & Hudson (2005-11)
ハードカバー (ASIN: 0500051364)

価格: ¥ 4,216 (税込)
Amazon.co.jp で商品情報を見る

(ジョージ・バス教授から新しい本についての紹介です。日本語訳ももちろんあります)

When I first conceived the idea of editing Beneath the Seven Seas: Adventures with the Institute of Nautical Archaeology, I had in mind a well-illustrated book that would give the average reader the results of shipwreck excavations conducted by the Institute (INA)….


ジョージ・バス教授から日本の皆さんへ の詳細は »

Web-Site発足1年 ここ一年を振り返って

おかげさまでWeb-Site発足から1年がすぎました。いろいろな方からのサポートによりここまできました。これからもみなさまに水中考古学・海洋考古学の情報を提供できるよう頑張ります。


Web-Site発足1年 ここ一年を振り返って の詳細は »

世界の水中考古学者から日本の皆様へ (4)

Jean-Yvesさんとは一度ポルトガルで一緒に作業をしたことがあります。帰りは空港まで送ってもらいました。 さて、Jean-Yvesさんは詩のように書いてくれました。シェークスピアが好きなんでしょうか?
彼の書いた本もここでまた紹介しておきます。

Underwater Archaeology: Exploring the World Beneath the Sea (Discoveries)
Underwater Archaeology: Exploring the World Beneath the Sea (Discoveries)


世界の水中考古学者から日本の皆様へ (4) の詳細は »

世界の水中考古学者から日本の皆様へ (3)

オーストラリアのFlinders大学で水中考古学を教えているJoe Flatman教授から意見をいただきました。 また、Flinders大学についての説明もあります。 


世界の水中考古学者から日本の皆様へ (3) の詳細は »

世界の水中考古学者から日本の皆様へ (2)

カナダのバンクーバー海洋歴史博物館の官庁、デルガド先生がこのサイトのために特別にひとこと書いていただきました。デルガド先生は鷹島遺跡のドキュメンタリー番組作成などのために日本に訪れたこともあります。カナダの水中考古学を代表する一人です。日本の水中考古学がこれからますます発達するようにと応援してくれています。


デルガド先生が行っているプロジェクトの写真(1)


世界の水中考古学者から日本の皆様へ (2) の詳細は »