1.Introduction

保存処理とひとことにいってもいろいろある。 ここではTexas A&M 大学の授業で使っている保存処理マニュアルを訳してみた。 このマニュアルはDr.Donny Hamiltonによって作られ水中遺物保存処理の基礎と成っている。 世界各国で水中遺物の保存処理に携わっている人のほとんとがこのマニュアルを使って勉強をした。

このマニュアルをここで紹介する意義は日本の人々に保存処理に関する基礎知識、とくに考古学に興味がある人に知ってもらいたいと思ったからである。 あとでも紹介するが、水中考古学の発掘には保存処理は無くてはならないものである。 今後水中遺跡の発掘に参加する人は必ず保存処理の知識を身につけておく必要がある。 水中遺物専門の保存処理ではないにしろ、日本の保存処理については最近の技術発達がめざましく今後の実績に期待している。 しかしながら、実際に水中発掘に参加した人達の間で保存処理の基礎的知識が薄く、また重要性があまり感じられなかった。そのためこれから水中での発掘をする際にはこのマニュアルを読んでから参加してほしい

このマニュアルをここで紹介する意義は日本の人々に保存処理に関する基礎知識、とくに考古学に興味がある人に知ってもらいたいと思ったからである。 あとでも紹介するが、水中考古学の発掘には保存処理は無くてはならないものである。 今後水中遺跡の発掘に参加する人は必ず保存処理の知識を身につけておく必要がある。 水中遺物専門の保存処理ではないにしろ、日本の保存処理については最近の技術発達がめざましく今後の実績に期待している。 しかしながら、実際に水中発掘に参加した人達の間で保存処理の基礎的知識が薄く、また重要性があまり感じられなかった。そのためこれから水中での発掘をする際にはこのマニュアルを読んでから参加してほしい。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む