リンク

ネットで探せる徒然なる水中考古学の記事

 

まあ、簡単に言うと、水中考古学のリンク集です。特に、連載もの(終了したものも含む)などを拾ってみました。また、水中考古学の研究を行っている団体(アジア水中考古学研究所:ARIUA)のサイトもリンクを紹介しておきます。

どれも、このサイトで紹介したことのあるものばかりではありますが…

 

PADI 連載コラム 海の遺跡 (連載終了)

 

月刊ダイバー 水中考古学

 

産経ウェスト 水中考古学へのいざない 井上たかひこ先生コラム

 

水中に眠る文化遺産から歴史の謎を解き明かす「海に沈んだ歴史と宝物-水中考古学の魅力」講演会より (東京海洋大学岩淵教授)

 

ナショナル 塩グラフィック 研究室に行ってみた。東海大学 海洋考古学 小野林太郎先生

 

アジア水中考古学研究所(ARIUA)

 

ARIUA 海底遺跡ミュージアム構想

 

 他にも水中考古学・水中文化遺産関連のサイトなど探してみるといろいろ出てくるかもしれませんよ!

 

海事・水中考古学を学べる大学

海事・水中考古学を学べる大学のリストをユネスコが作成しています。

これらは、現在、大学(マスターレベル)でのプログラムが確立している大学の紹介ですので、例えば昔プログラムがあった大学や、水中考古学のクラスはあるけどプログラムがない大学は含まれていないようです。水中考古学のクラスがある大学はそれなりに(海外では)あるようです。

大学の数が多いのか少ないのか…まあ、人によって感じ方は違うでしょうか...ざっと眺めて、やはりヨーロッパはこの学問が一般的だなと感じることです。地域によってだいぶ差がありますね。

個人的には、これから10年、このリストがどのように変化するのかが楽しみです。

 

学位・博士論文集

水中考古学の名門、テキサスA&M大学の生徒が書いた学位・博士論文がダウンロードできます。

世界で最初に水中(海事)考古学のプログラムをスタートさせた大学ですので、過去から現在にかけての研究の動向がわかります。若い学生などがこれに目を通して、何か研究のテーマでも見つけるヒントにでもなれば幸いです。

なぜかダウンロードに時間が要しますが、気長に...

東京海洋大学

今まで日本国内で水中・海洋考古学を学べる機関は存在していませんでしたが、2009年度から東京海洋大学で正式に学ぶことが出来るようになりました!

日本国内の今後の学問の発達に向け大きく前進したこととなります。まだ小さなプログラムですが、海外から積極的に研究などを受け入れ、海洋考古学の発達に貢献していきます。FAQのコーナーでも紹介しています。水中考古学の修士号(名目的には博士号も)がとれることになり、今後、拡大を目指しているそうです。さらには、日本で修士号をとってから、博士課程をTexas A&M大学のような国外で続けるというコースも検討されています。

シラバスの内容は下記をご覧下さい。

海洋考古学とは考古学の一部門であるが、海洋学やそれ以外の自然科学の理論や方法論がその分析に援用される学際的な学問分野でもある。海洋考古学の基礎講座として位置づけられる本講義の第一の目的は、当該学問の理論的側面の検討と実際の水中考古学調査の際に表出する具体的な諸問題の検証である。そのために、まずヨーロッパ諸国やアメリカにおいて蓄積され、実践されてきている海洋考古学あるいは海事考古学の諸理論と諸調査事例の吟味を実施し、日本の水中考古学研究との現状比較分析につなげていく。その中で、海洋考古学調査の対象、水中文化財の発掘や具体的な応用手段、その歴史的な分析や解釈、文化財保全や復元の技術、社会への公開などの諸課題に対する取り組みについても検討を加えていく。次に、海洋学や海洋人類学などが研究対象としている人類の海洋における活動をさらに具体的かつ実際的に理解するために、この海洋考古学という学問にどのような貢献が可能であるのか、水中文化財の発掘・分析が今日いかなる意味を持つのかという総合的課題についても、ユネスコの「水中文化財保護条約」などの脈略の中で分析を行っていく。講義の参考文献としては、G. P. Bass著『Beneath the Seven Seas: Adventures with the Institute of Nautical Archaeology』 London: Thames & Hudson(2005)とJ. P. Delgado編『Encyclopedia of Underwater & Maritime Archaeology』New Haven: Yale University Press(1997)を使用予定である。

INA IN JAPAN (トルコ軍艦 串本)

Texas A&M 大学のINA(Institute of Nautical Archaeology)こと海事考古学研究所と同研究所トルコ支部が現在日本で水中調査を実施しています。これは1890年に和歌山県の串本で沈没したトルコ軍艦エルテュールル号(Ertugrul)の調査です。以前Newsなどでお知らせしました。詳しい内容や写真などはお知らせか別のコーナーで書きたいと考えています。

この調査の内容をブログ形式でお伝えしてるサイトをご紹介します。このサイトはINAが中心となり作っています。未だ日本語がないのが残念ですが...

水中写真家

やっぱり写真はいいですね。最近ちょっと知った写真家の赤木正和さんのウェブサイトの紹介をします。世界的にも活躍しているようです。

海洋考古学に興味のない方もご覧ください。

海工房

最近知った興味深い会社です。海との関わりのあるドキュメンタリーなどを作成しています。Bahariシリーズはなかなか面白そうです。このBahariという言葉ですが、インドネシア語で海という意味だそうです。アラビア語でも同じです。それだけインド洋で昔から海(Bahari)を通して人々がつながっていたのでしょう。インディペンデントで10年で120編の作品を作る予定だそうです。これから応援していきたいプロジェクトです。メーリングリストなどもあるそうです。

(有)海工房は、世界の海洋文化=海・川をめぐる歴史・民族・航海・船・漁業・環境・景観などを主題にした、映像ドキュメンタリーの企画・制作・販売を手がける他、~ 海と森と人の映像シリーズ Bahari ~ のプロデュースも行っています。

ダイビング情報 (随時アップデートされます)

ダイビング情報のページを少しずつ集めて行きます。
ここで紹介するサイトは相互リンクされています。
まだ情報は少ないですが、リンクが増え次第ここに追加していく予定です。


ダイビング情報 (随時アップデートされます) の詳細は »

水中考古学 バーチャル博物館

最近、伸びてきている水中考古学のバーチャル博物館です。写真なども多く使っていますし、情報も信頼できます。まだ展示する遺跡を募集中とのことです。これから内容が濃くなってくることでしょう。

現在はCSS Alabamaという船についての博物館がメインのようです。一度除いてみてください。

海洋考古学で仕事を探すならココ!

海事、水中、海洋、船の考古学など、とにかく関連の仕事をリストアップしてくれるサイトです。博物館、大学、研究機関などがおもですが、民間企業からの募集もあります。長期契約から短期契約の仕事もあります。

このサイトから実際に海洋考古学でどのような仕事があるのかもっと具体的につかめます。また、今の動向、これからの海洋考古学の動きをみるのも良いでしょう。海洋考古で勉強しても仕事がない!この学問では学者しか道が無いとかと思われがちですが、さがすと意外と多いので一安心。
そして、学者以外でもいろいろな種類の仕事があります。実際に教授になる人はほとんどいないような気がします。現在のところ、一番役に立つ能力(経験)といえば保存処理ではないでしょうか?また、博物館の展示・企画、などなども多いです。これからは、海洋遺産保護に関連した仕事が増えると予想されます。ナショナルパークサービスや、周知の遺跡の保護、展示など、仕事は様々です。

海洋考古学関連の仕事の他にもリンクや、奨学金の情報などもあります。 是非のぞいてみてください!
海洋考古学に関してのイメージが変わるかもしれません!