AAA/AIMA Conference 2005

オーストラリアを代表する考古学組織であるAustralian Archaeological Association (AAA)とAustralasian Institute for Maritime Archaeology (AIMA)による合同会議が、西オーストラリア・フリーマントルにある西オーストラリア海事博物館で開かれています。オーストラリア中の水中考古学者が一同に会する数少ない機会です。また、イスラエル、イギリスから水中考古学者がゲストとして招かれています。
イギリス・サザンプトン大学のJon Adams氏はマリー・ローズ号プロジェクトに関わっていたイギリスを代表する水中考古学者。今回一般講演のなかで、マサチューセッツ工科大学、ウッズホール海洋研究所との共同研究であるDeepwater Archaeologyについて述べています。また、イギリス政府がUNESCO Convention on the Protection of the Underwater Archaeology Cultural Heritage 2001 の批准に向け、動き出したことについて触れていました。UNESCO Convention 2001 は水中文化財の保護に関する最も重要な国際合意ですが、日本ではどう受け止められているのでしょうか?

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む