SidonやTyre

古代フェニキア人の港町、SidonやTyreでこのたび地質ボーリング調査が行われました。港の別々の地点から得られた地質サンプルを分析しその結果を解析しました。8000年以上も使われていた港ですが、10世紀(AD)以降、津波などの被害によりメンテナンスされなくなり徐々に港としての機能を果たせず衰退していったと考えられています。今後もっと正式な論文などが発表されていくことでしょう。

引用元:http://www.physorg.com/news9599.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です