USSインディアナ号博物館

USSインディアナポリス号の博物館がインディアナ州に新しく作られることが決まったそうです。この船はフィリピンを出港したあと日本の潜水艦伊58号に撃沈されました。救助が遅れたため1200人中300人ほどしか助からなかったそうです。ほとんどの乗船員は救助が来るまでに疲労で死んだもの、溺れたもの、そして多数のものがサメに食べられてしまったそうです。(世界有数のサメの繁殖地域だったそうです)

さて、このUSSインディアナポリス号が撃沈させられたアメリカ側は過剰に反応を示したそうです。というのも、インディアナ号は広島に投下された原爆をフィリピンまで運んだ船なのでアメリカは日本が原爆のことをすでに知っていたと考えたからです。さらに犠牲者の数が多かったことや戦争のほぼ終結間際での出来事だったこともあり、太平洋戦争の大きな事件として人々に覚えられています。

ちなみに、伊58号ですが、戦争終結後佐世保沖にアメリカ軍によって沈められました。2-3年ほど前、ディスカバリーチャンネル主催のもと水深200mの地点でこの潜水艦が確認されました。(プロジェクトはもともと伊400号の確認を目的としたものでしたが...日本のケーブルテレビでも放送されました)

Indiana War Memorial to house museum recounting USS Indianapolis’ tale

Nov 11, 2006 03:47 PM CST

Indianapolis – One of Indiana’s largest war memorials will house a museum dedicated to the USS Indianapolis, the cruiser sunk by Japanese torpedoes in the closing days of World War Two.

Governor Daniels announced today during a Veterans Day address that the Indiana War Memorial will become home to a museum recounting the 13-year story of the USS Indianapolis, her crew, accomplishments and tragic end.

He says the exhibit is expected to be ready in late July 2007 to begin telling the story of the vessel, which was sunk on July 30th, 1945, in the Philippine Sea’s shark-infested waters by two torpedoes fired by a Japanese submarine.

By the time rescuers arrived four days later, only 317 of its crew of nearly 1,200 men had survived, many of them eaten by sharks. Nearly 900 men were dead.

Just before its sinking, the USS Indianapolis had delivered to the Pacific island of Tinian the uranium-235 and other components of the atomic bomb later dropped on Hiroshima.

(Copyright 2006 by The Associated Press. All Rights Reserved.)

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む