鄭和の復元船(?)沈没

台湾の研究者などが主体となり中国明代の復元船を使い太平洋を横断した太平公主号が台湾到着を目前とし沈没したようです。貨物船と衝突が直接の原因だったようです。もちろん鄭和の船の細部まではわかりませんし、大きさもはっきりしません。どこまで正確なレプリカだったかは疑問です。ゴールを目前としての沈没で残念ですが、サンフランシスコからの行きかえりまでの間にも何度か嵐に遭遇したものの、無事だったそうです。船の性能としては信頼のあるものだったのでしょう。乗組員(日本人含む)全員無事だったそうです。このようなプロジェクトで昔の船の歴史的価値を高めることは重要だと思います。機会があれば考古学の成果を生かしより正確な復元船を作り帆走性能などを調べてみたいものです。

 

 

帆船で台湾と米国を往復する太平洋横断航海の記録達成を目指していた、16世紀のジャンク船を復元した「太平公主号(Princess TaiPing)」が26日、台湾沖で貨物船と衝突し、沈没した。沿岸警備隊が伝えた。

 衝突があったのは、は台湾北東部の蘇澳(Suao)港沖48キロの地点で、台湾警察と沿岸警備隊が、ヘリコプターと警備船で空と海上から、沈みかけていた太平公主号上で漂流していた乗組員11人を救助した。

 沿岸警備隊に救助された台湾人の劉寧生(Nelson Liu)船長は「今の気持ちは後悔どころではない。到着を目前にしていたのに」と悔しさをにじませた。

 沿岸警備隊員がAFPに語ったところによると、太平公主号はリベリア船籍の貨物船「チャンピオン・エクスプレス(Champion Express)」と衝突したが、衝突の原因は明らかになっていない。

 太平公主号は、中国・明朝の軍艦を復元した総重量35トンの船。乗組員は劉船長のほか、米国人6人、日本人2人、台湾人1人、中国人1人。台湾北部の港を前年6月に出発した後、北上して日本に寄港。その後、何度か嵐にあいながらも、5か月かけてサンフランシスコ(San Francisco)に到着した。

 この航海は、600年前の中国の偉大な探検家、鄭和(Zheng He)提督が北米まで航海したという仮説を証明しようという、劉船長とその支持者による試みだった。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む