南海1号ミュージアム オープン

中国宋代の沈没船南海1号ミュージアムがオープンしたそうです。中国政府の水中考古学(中国では水下考古学)を立ち上げるプロジェクトのひとつとして度々話題となっています。この沈没船は発見されてから10年以上たちますが、引き上げ計画が打ち出され、沈没船を丸ごと新設したミュージアムに「持ってくる」ことで一躍有名になった船です。現在、このミュージアムで発掘をおこないながら遺物の展示などをおこなっているそうです。また、余談ですが中国政府は各地で水中考古学のトレーニングなどを行っており、相当な数の沈没船を発見、調査しています。これらの遺物はもちろん売買などの目的ではなく国の遺産として保護されています。

 

日本語のニュース記事を探していますがまだ出てきていないのでしょうか?

中国語と英語の記事をリンクしてみました。

 

http://bjyouth.ynet.com/article.jsp?oid=59244339

http://english.cctv.com/program/cultureexpress/20091204/101525.shtml

«
»
 

トラックバックURL

コメント (1)

オープンしたんですね。
なかなか立派そうな施設ですね。

コメントを書き込む