「沈没船が教える世界史」書評の書評

「沈没船が教える世界史」メディアファクトリーから好評発売中です。様々なかたからいろいろと書評をいただいていますが、なかなか良いものが多いので非常にうれしく思います。まだ買ってない人は是非本屋さんへ!

レビューされたキーワードをピックアップして見ますと…

面白い
読み易い
知らないことがいっぱいあった
一気に読める
世界史のおさらいになる
内容が濃い

などなどです。ネガティブなポイントをリストしてみますと…

図・写真などが少ない
一つ一つの沈没船に対して情報量が少ない

など挙げられます。私も図や写真などをもっと入れたかったのですが、一般図書ですと著作権など写真の使用量などで経費がかさむこと、またページ数に限りがあることなどいろいろと調整が難しいです。それぞれの船に対しての情報が少ないのも、世界史の大きな流れの中でそれぞれの沈没船の重要性を押さえておきたかったでしょう。実は、今回出版した本では取り扱われなかった沈没船についてもすでに書いた原稿がありますし、今回この本で紹介された沈没船でも大幅にカットされた部分があります…いつか続きを書いてみたいですね…ただしもう少し沈没船一つ一つ詳しく書ければおもしろいでしょうね。雑誌などの月刊コラムなどに毎回違った沈没船を紹介できたらいいなと思っています。

この本を書くにあたって「読みやすさ」を重視していました。読んで欲しい人は高校生・大学生です。あまりそこまで専門では在りませんので、読んだ人が興味を持ってくれるように心がけました。特に沈没船、水中考古学、歴史に興味の無かった人に読んでいただいてこんな世界があったのか!と感じてもらいたいです。また、もともとこれらの主題に興味のある人はさらに読み進めて同業者として一緒に研究していきたいです。これからの若い世代に向けてかかせていただきました。

さて、レビュー〔書評)のなかに出てくるキーワードでもうひとつあるのが、漫画「ワンピース」です。海賊や船が活躍するストーリですが、昔の海賊の沈没船などが実際に水中から発見されるのはやはりこのマンがが好きな人には面白く読めるそうですね。ワンピースの作者の尾田栄一郎氏にも読んでもらいたいですね。なにかストーリーのヒントにでもなれば良いですが、どうでしょう?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です