鷹島から元寇の船が発見されました!

長崎県鷹島から構造がはっきりとわかる沈没船が発見されたようです。いろいろニュースが出ているようなので、ネットなどで探してみてください。鷹島から待ちに待った発見です!今までは船体の一部だけでしたから。その一部からもいろいろなことが研究できますが、やはり大きな繋がった構造の発見は違いますね。今後の研究に期待が持てそうです。

長年の探査の結果、今回の発見に至ったそうですね。以前からも陸に近い場所でいろいろ発見されていましたが、大きな構造として発見されたのは初めて。元寇の船、現在の情報からすると、中国の船でしょうね。見た感じでは中国や韓国などで発見されている沈没船に比べ保存状況がそこまで良くはなさそうですね。水深が深くなると波の影響を受けないので保存状態が良いです。この周辺ももっと探査すれば今回のものより保存情況が良い沈没船が発見されることでしょう。個人的な意見ではとりあえず発掘をせずに現地保存をして、もう少し残りの良い沈没船を探しても良いかもしれません。海外などで、最初に発見したからとい理由で発掘して、後からどんどんもっと良いものが発見されたケースなど多いですね。

今回の発見は中国の他の沈没船の資料などと並べて良い研究材料になるでしょうが、元寇の歴史に新しい研究をもたらすことでしょう。今後の研究の成果に期待します。ただし、日本で船の発掘を行った人は限られていますし、船を考古学的見地から分析した人も少ないです。これから発掘・分析などどのように行うのか?日本の水中考古学の発展に貢献できれば良いですね。特に、今回の発見を契機に鷹島だけでなく日本の広い範囲で水中考古学のサーヴェイが行われことを期待しております。

今回の発見をとおして、よりおおきな水中考古学の発展へと繋げていければ良いなと思います。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む