水中遺跡のニュース (鷹島海底遺跡など)

先日、鷹島海底遺跡で2隻目の元寇の際に使用した(可能性の高い)船が発見されたニュースが報道されました。

しかし、実際には世界各地、日本各地で様々な水中文化遺産が人知れず眠っています。海外では水中文化遺産の調査が盛んで、最近では中国やインドなども海洋政策の一環として経済だけでなく文化事業も明確に打ち出しています。

今日は、ここ2~3日の間に出た水中・海事考古関連のニュースを数件集めてみました。気になるリンクも載せていますので、ご覧下さい。

 

PADI連載コラム(海の遺跡)  ダイバーのための連載コラム。水中遺跡などをわかりやすく説明しています。

鷹島海底遺跡のニュース   グーグルでニュースを集めてみました。

ちょっと関係ない… 李舜臣の映画が韓国で大ヒットらしい  最近の韓国・日本の関係を考えると少し難しい内容かもしれませんが、歴史を学ぶきっかけとして。面白そうです。

 

ここから下は英語のみです。

アンティキティラ再調査のページ(かっこいい・ビジュアルが良い。英語が読めなくても満足)

ギリシャ・アンティキティラ島の沈没船(最古のコンピューター?) 最新の技術を使い、水中を再調査

カナダの総理大臣も喜びを表明!サー・ジョン・フランクリンがカナダ北極圏探検で乗った船が発見(1845年) 日本の首相も鷹島の発見は喜んだのか?

ニュージーランドで最古のカヌー? 最初の移民の定説とされる時期より100年早い…

1533年にクロアチア沖で沈没した船を調査(テキサスA&M大学)

スペイン・アルマダ艦隊の舵が発見

 

この他にも関連のニュースはいろいろありますが、今日はこの辺で。

 

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む