毎月連載 水中考古学へのいざない

井上たかひこさんが毎月連載記事を書いている産経WEST

昨日も最新記事が載りました。7月は北海道江差に沈む幕末の軍艦「開陽丸」の調査事業について。長崎の元寇遺跡である鷹島海底遺跡も有名ですが、実はこちらの軍艦の発掘が日本の水中考古学の幕開けとなった調査なんです。

北海道に旅行に行かれる際には、ぜひ立ち寄ってみたいですね。

詳しくは、井上さんの書かれた記事へ…

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む