日中韓文化遺産フォーラム 水中文化遺産の保護と活用

後ほど、詳しく再度お伝えいたしますが、とりあえず、やっと九博HPにアップされたので情報を提供いたします!

平成29年2月12日(日)に、文化庁・九州国立博物館の共催により、「日中韓文化遺産フォーラム:水中文化遺産の保護と活用」を開催いたしますので、お知らせいたします。
海や湖などに存在する遺跡(沈没船など)は、水中文化遺産と呼ばれ、世界でその保護が進められています。このたび、中国・韓国・日本の専門家を迎え、各国の先進事例と保護・活用の取組をご紹介いただき、今後の国際的な研究協力の促進に寄与したいと考えております。

平成29年2月12日(日)
10時00分〜15時45分(受付9時30分〜)
会場:
九州国立博物館1階ミュージアムホール
入場料:無料(定員250名)
事前申込み制・先着順

プログラム:
10時00分〜10時25分 開会挨拶
10時25分〜13時50分 講演(休憩11時55分〜13時10分)
〔1〕韓国における水中文化遺産の保護と活用の取組の歴史 李貴永(イ・クィヨン)(国立海洋文化財研究所)
〔2〕新安沈没船にみる活用とその意義 金炳菫(キム・ビョングン)(国立海洋文化財研究所)
〔3〕中国の水中文化遺産の保護と活用の体制 刘丽娜(リュウ・リーナ)(西安交通大学)
〔4〕南海1号沈没船の引き上げと今後の活用について 孙键(ソンチェン)(国家文物局水下文化遺産保護中心)
〔5〕日本の水中遺跡保護・活用の現状と課題 禰冝田佳男(文化庁記念物課)
〔6〕鷹島海底遺跡における水中考古学の歴史 池田榮史(琉球大学)
14時00分〜15時45分 討論会「日中韓の水中文化遺産」
司会:赤司善彦(福岡県教育庁)
パネリスト:李貴永・金炳菫・刘丽娜・孙键・禰冝田佳男・池田榮史・佐々木蘭貞(九州国立博物館)

参加希望者は申し込みをお願いいたします!

 

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む