沈没船の物語 水中考古学の世界 (博多で講演)

来たる2月11日、JR博多シティにて講演いたします。

「沈没船の物語 水中考古学の世界」

⽇時︓2019年2⽉11⽇(⽉・祝)13:00 〜16︓00 (JR博多駅 くうてん 10階 )

⼊場無料 、当⽇参加も歓迎

 

1.⻄洋の船︓神話の船から⼤航海時代まで  ⼭舩 晃太郎(Texas A&M University)

2.東洋の船︓海底からよみがえる真実  佐々⽊ 蘭貞(九州国⽴博物館)   

3.最新技術がとらえる沈没船  菅 浩伸(九州⼤学) 

詳しくは、こちら

主催︓九州⼤学 浅海底フロンティア研究センター 九州⼤学⼤学院 地球社会統合科学府

共催︓九州国⽴博物館

後援︓福岡市,⽷島市

普段は、あまり聞く機会のない水中考古学の世界の紹介ですが、今回の講演はマニアック。船の考古学についてです!特に、沈没船から得られる考古学的エビデンスを基に、造船哲学・造船技術の変遷などについて語ります。

西洋の船と東洋の船について紹介します!

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む