水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

JAMSTEC

日本の海洋研究開発機構です。 深海や海溝など世界的に有名な潜水艦や水中ロボットの開発、運営を行っています。
その他の研究などなど幅広い分野で実績をあげています。 どうして水中考古がないんでしょうか? 

東海大学 海洋学部

東海大学海洋学部のホームページです。 東京大学とともに日本の海洋学をリードしてきた大学です。
海洋文明学科 も新しく出来、これから水中考古に力を入れていくんでしょうか?
根元教授も水中考古に興味をもって活動をしています。 

東京大学海洋研究所

東大の海洋学部です。 考古学関係は手を出してませんが、サーヴェイの機材など揃っているようです。
これから海洋考古にも力を入れてもらいたいですね。 
特に深海考古学では海洋研究者との協力がない限り無理な研究です。
海洋学の分野でも考古学的手法には興味があると思います。 

水中ロボットの研究をしている浦研究室ホームページもなかなかおもしろすです。

 

Vancouver Maritimemuseum

Delgado先生が官庁を勤めるバンクーバー海洋博物館のサイトです。
先生は鷹島海底遺跡のドキュメンタリーを以前作成しました。
精力的に活動をし、忙しい先生ですが、質問など親切に答えてくれます。 
バンクーバーに行く機会があれば寄ってみてください。 展示物もいろいろと揃えていますし特別展など面白い企画もあります。 
特に水中考古に興味があれば私に事前にお知らせいただければインサイダーとして”博物館のウラ”を見せてくれるように頼んでおくことも出来ると思います。 

伊401号潜水艦発見 ハワイ沖

これは私が参加した伊402号の調査とは別のプロジェクトです。 ハワイ沖でたまたま発見されたそうですが、考古学者などが本格的な調査を始めるそうです。 Hans Van Tilberg先生も参加するようですね。 先生はアジアの船などにも興味があり、このサイトを応援してくれています。 潜水艦を引き上げることはまずないと思います。 まだ、これからいろいろな調査が進められていくことでしょう。 


伊401号潜水艦発見 ハワイ沖 の詳細は »

Maritime Archaeology: Theoretical Contributions

Maritime Archaeology: A Reader of Substantive and Theoretical Contributions (Plenum Series in Underwater Archaeology)
Maritime Archaeology: A Reader of Substantive and Theoretical Contributions (Plenum Series in Underwater Archaeology)
Lawrence Edward Babits, L.E. Babits, Hans Van Tilburg
Plenum Pub Corp (1998-01)
ハードカバー (ASIN: 0306453304)

価格: ¥ 18,575 (税込)
Amazon.co.jp で商品情報を見る


Maritime Archaeology: Theoretical Contributions の詳細は »

水中考古学の冒険

水中考古学の冒険―エーゲ海にアンフォラを引上げて
水中考古学の冒険―エーゲ海にアンフォラを引上げて
ピーター スロックモートン, 水口 志計夫
筑摩書房 (1988-07)
単行本 (ASIN: 4480013253)

価格: ¥ 1,575 (税込)
Amazon.co.jp で商品情報を見る


水中考古学の冒険 の詳細は »

丸木舟

丸木舟
丸木舟
出口 晶子
法政大学出版局 (2001-01)
単行本 (ASIN: 4588209817)

価格: ¥ 3,360 (税込)
Amazon.co.jp で商品情報を見る


丸木舟 の詳細は »

ウル・ブルン沈没船

ウル・ブルン沈没船はトルコの海岸で1300BC頃沈没。 現在までに発掘されている世界最古の沈没船です。 


ウル・ブルン沈没船 の詳細は »

AUV (無人探査器)

AUV  (Autonomous Underwater Vehicle -無人探査器)についていろいろと詳しく書かれています。
AUVはこれからの水中考古学のサーヴェイを進化させていく最新のテクノロジーです。
簡単に言えば、トマホーク・ミサイルのようにコンピュータが自分で水中の進路を取りながらマルチ・ビームなどでサーヴェイすることが出来る機械です。
ここで詳しく(解りやすく)書いてあるので。  News Blog の記事のほうが見やすいかもしれません。 スクロールダウンして
Technology in Extreme Places: Underwater の記事をみつけてください。 

時間があればあとでざっと訳してみますが....