水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

引き続きアフリカ東海岸と中国

中国からの水中考古学チームがマリンディ、ラム海岸で事前調査(サーヴェイ)を行っています。すでに陸での発掘も同時に行われているようです。水中からすでに10世紀の中国の陶磁器や14世紀のイスラムの土器などが発見されているようです。これから少しづつですが、いろいろと発見できることでしょう。東アフリカ、イスラム文化圏、東南アジア、中国は歴史の研究からだけではわからなかった何か大きなつながりがあったのかもしれませんね。今後の成果に期待して待ちましょう。

Archaeologists digging a historic site in Malindi have come across interesting findings that show there was settlement in the area by 10th century and trade links with the other parts of the world.

Chinese and Kenyan archaeologists have pitched tent in Mambrui area, to unravel historical connections between the two countries way before the arrival of Europeans in the East African Coast.

The head of Kenya’s Coastal Archaeology, Dr Herman Kiriama, said the excavators who have not gone beyond one metre since they started the works on Tuesday last week have found pottery and artefacts that point to existence of early settlement and trade.

“The progress is good because we have been able to find local pottery that can be traced to the Tenth Century and Islamic pottery of the 14th century.

“Other interesting findings include Chinese porcelain, one of the key items that the Chinese experts led by archaeologists from Peking University have been interested in,” Dr Kiriama said in an interview.

The new historical journey, according to archaeologists, starts in Malindi where a terrestrial excavation has already started before a complicated underwater survey in a few months’ time off the Lamu archipelago.

The experts are probing say a 9th Century kingdom in Malindi is the subject of a major archaeological research.

The archaeologists have teamed up with their counterparts at the National Museums of Kenya.

There are seven archaelogists from China and eight from the NMK assisted by a group of about 40 local people.

The underwater excavation near Shanga will try to unravel a Chinese ship that sank 600 years ago.

インド洋と中国

アラブ・インドと中国は陸のシルクロードだけでなく海でもつながっていました。東南アジアで発見された9世紀のBelitung沈没船は中国・唐からの陶磁器などが主なつみにでしたが、アラブもしくはインドから来た船だと考えられています。この船は鉄釘などを使わず板材を縄でつなぎ合わせている縫合船でした。この方式はインド洋で一般的に見られるもので、ダウ船のような船に発達していったと考えられています。

何年か前からこの船の復元模型がオマーンで作られ、オマーンから出港し、2010年7月3日にシンガポールに到着したそうです。また、この沈没船から引き上げられた遺物は2010年末からシンガポール、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど各地の博物館の特別展などで展示されるそうです。この沈没船はインド洋と中国をつなぐ海から発見された確かな物的証拠であり、貴重な遺跡と考えられます。日本でも展示されるかまだ調べていませんが、海外在住のかた、または、旅行先で見かけたら是非遺物を実際に目で見てみましょう。

ワールド・トレード・センター沈没船(NY)

ニューヨークのワールド・トレード・センター(例のテロで壊されたビルです)跡地から18世紀の船が発見されたようです。まだ発見されて間もないようであまり情報などありませんが…

どうやらニューヨークの港の埋め立て事業などと共に200年ほど前に破棄され埋め立てられた様子です。ニューヨークやサンフランシスコなど港町として栄えた都市では時々見かけます。湾岸施設を作る際に手っ取り早く埋め立て地を作る場合に古い船を集めて沈めて護岸を作ったりしているようです。まあ、発見現場は当時は海だったわけですね。現在は高層ビルが並んでいます。ニューヨークでは非常に珍しい発見です。サンフランシスコはゴールドラッシュで急激に発達した都市で、10年の間に突然土地が必要になったりもしたため、どんどん廃棄船が埋め立てられたようで、サンフランシスコの街中には実はたくさん沈没船があります。ニューヨークではあまり聞きません。ちょっと興味のある発見例ですね。日本でも埋立地の下から船が出てくることがあるのでしょうか?ほとんど壊れていそうですが、まれにこのような発見があるかもしれませんね。工事現場の関係者の方、何か出てきるかもしれません。その際は連絡をお願いします…

杭州で海洋博物館オープン

中国上海の南汇区に新たに海洋博物館がオープンしたそうです。館内からは杭州湾を見渡すことが出来、博物館は中国ジャンク船の帆の形をしているということです。さまざまな中国の船のモデルやレプリカなどが展示され、遺物は特に航海技術に関するものを多く展示してあるようです。鄭和大航海に使われた船のレプリカもあり、マストの高さだけで26.6mもあります。昔の海図やルートの説明なども多くあるようです。4Dモニター(??)などもあり中国の海洋史を子供でも学べるよう様々なイベントや体験、展示方法にも工夫がなされているそうです。

第2回 JCUEカフェ:海の遺跡を調べる

第2回 JCUEカフェ
『海の遺跡を調べる』 開催のご案内

JCUEカフェ第2回目は、“水中考古学”がテーマです。
知ってるようで、意外と知らない、海の遺跡のことを“ダイバーにも知ってほしい海
の遺跡の本当の姿”というサブタイトルで易しく解説します。
講師は、自身もダイバーである考古学者の林原利明さん。
「調査には誰が参加できるの?」「私の潜る伊豆の海にも遺跡はあるの?」
水中遺跡調査の映像や写真もふんだんに紹介しながら、ダイバーの疑問に答えてゆき
ます。
あなたも海の遺跡調査に参加してみませんか?

■日時  7月22日(木曜) 19:00~21:00

■場所  ルノアールマイスペース新宿3丁目ビックスビル店
東京都新宿区新宿2-19-1 ビックスビル地下2階
℡  03-5379-2766

《地図》
http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/mys103.htm
http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E139.42.38.9N35.41.16.6&ZM=11&CI=R

■メニュー
海の遺跡を調べる~ダイバーにも知ってほしい海の遺跡の本当の姿~

講師 林原利明
NPOアジア水中考古学研究所・理事
西湘文化財研究所・代表

■参加費用
JCUE会員 ¥500
非会員    ¥1,000

■申込み方法
お申込はコチラから→ http://jcue.net/jcuecafe/02.html
お問合せ npo@jcue.net
************************************************************

砂浜の下から沈没船!

アメリカCNNからのニュースです。ノースキャロライナ州のカローラ海岸で州でこれまでに発見された沈没船の中ではもっとも古い船が発見されたようです。詳しいことはまだ良くわかりませんが17世紀中期から後期にかけての船だと考えられています。

面白いのは、この船が発見された方法です。カローラの町に住むレイさんはほぼ毎日海岸を金属探知機をもって歩いていたそうです。彼は海岸の漂着物採集が趣味で今までにも数々の遺物を見つけています。しかし、今回発見されたものは沈没船の一部でした。去年から海岸の浸食が激しくなり砂浜の砂が流されていたそうで、このために350年ほど眠っていた船が砂浜から発見できたそうです。以前からその周辺には特に古い遺物が見つかることがあったようです。レイさんはこの発見の重要性を知り、考古学者などに連絡をとり、保存などが検討されているそうです。もし、彼が誰にも連絡をしなかったらこの沈没船はどうなっていたのでしょうか?

写真を見る限りどこにでもある砂浜で海水浴客でにぎわったりもするような場所なのでしょうか?身近なところでも沈没船が埋まっているかもしれませんね。海岸で陶磁器などが発見できる海岸は日本にもたくさんありますが、もしかしたら海岸の底には沈没船があるのかも?そう思うとこれからの海水浴シーズンも違った視点で歴史を楽しむこともできるのでは?くれぐれも遺物を発見したら地域の考古学者に連絡を…もしくはお問い合わせまで。

Ray Midgett hunts the Corolla beaches on the Outer Banks of North Carolina almost every day.

“Beachcombing, or metal detecting, or relic hunting is in my blood,” said Midgett, a retired government worker who hits the sand between October and April.

“There are so many shipwrecks up here, it’s just beautiful.”

Midgett drives his pickup truck right onto the beach using the access road near the Currituck Beach Lighthouse. With a metal detector and shovel in tow, he’s uncovered everything from antique coins to wedding rings.

Yet his biggest discovery came in December when he located the remains of a historical shipwreck.

The wreckage, hidden under the sand for centuries, became fully exposed after a winter of brutal Nor’easters, making it the oldest shipwreck found off the coast of North Carolina.

But historians had to act fast to recover the ship, according to Meghan Agresto, site manager of the Currituck Beach Lighthouse.

“This winter, it just got smacked. After awhile the ocean was going to take it back,” Agresto said. “The fact that we got it off the beach makes us excited because we got to save it.”

Midgett and other beachcombers had discovered a number of relics near the shipwreck’s beach grave site, including coins believed to be from the reign of Louis XIII in France and Charles I in England, lead bale seals used for identification, and spoons dating to the mid-1600s.

Midgett said he feels a personal connection to the discovery.

“This shipwreck is a part of me, and some of the other hunters, too, that have been hunting around it for years,” Midgett said. “I’m just so glad that they decided to save it.”

The rough currents and shallow sand bars off North Carolina’s Outer Banks have destroyed thousands of ships in what is sometimes called the “Graveyard of the Atlantic.”

However, it is rare to find the remains of a shipwreck — particularly a wooden vessel — intact.

Throughout winter, the Corolla beach shipwreck would repeatedly get uncovered and covered again. The waves would also move it along the coastline, causing damage.

“I’m glad we got to it when we did. … It may have covered back up and survived another summer,” Midgett said.

“But next winter it would have been the same thing over and it eventually would have gone to pieces.”

Midgett, who used to work as a government auditor, wanted to make sure his discovery was salvaged, so he personally lobbied North Carolina state Sen. Marc Basnight. After numerous phone calls and e-mails appealing to Basnight, a beach lover himself, he was successful.

In April, volunteers from the Wildlife Resources Commission, Underwater Archaeology Branch, the Corolla Fire Department and area residents helped free the wreck from the sand and tow it near the lighthouse.

Archaeologists originally thought the wreck could be the HMS Swift, a British Navy ship from the late 17th century that originally ran around in the southern Chesapeake Bay off Virginia’s coast.

The HMS Swift drifted to the Outer Banks, where it was looted once it hit shore, then disabled by the looters so it wouldn’t resurface.

After further examination of the ship’s 12-ton skeleton — complete with wooden peg fasteners — archaeologists determined that it was not the HMS Swift, but most likely a merchant’s ship dating to the mid- to late-1600s.

That makes it the oldest shipwreck found along the state’s coast.

“History is the one thing we have that has a reasonable amount of certainty attached to it,” said Joseph Schwarzer, director of North Carolina Maritime Museums. “It tells us where we’ve been, it tells us what’s happening, and it’s a directional sign for where you need to go next.”

Before the Corolla Beach discovery, the oldest shipwreck found along the state’s coast was Queen Anne’s Revenge, the presumed flagship of Blackbeard the pirate said to have run aground in 1718, according to the North Carolina Maritime Museums.

The remains of the Corolla Beach wreck and some of its artifacts will be moved to the Graveyard of the Atlantic Museum on Hatteras Island, North Carolina.

Midgett and the other beachcombers are entitled to keep the coins and other artifacts found near the ship they discovered.

“It’s very exciting to find something from this time period,” said Richard Lawrence, director of the North Carolina Underwater Archaeology Branch for the Department of Cultural Resources.

“And amazingly we found it in this beach environment. It appears this wreck has been sitting here for 350 years almost undisturbed until this winter.”

Lawrence said the discovery would never have happened without Midgett.

“Ray Midgett was probably more responsible than anybody to get this wreck off the beach,” Lawrence said. “He created enough of a stir to get various organizations involved.

“Thankfully, Ray and his colleagues collected various artifacts that would have otherwise not survived.”

遣唐使船の復元

現在行われている上海万博で遣唐使船の復元・航海が行われています。

遣唐使の時代の船の考古学資料がないので絵や文献などを頼りに復元をしているので、どこまで当時の姿に近いかわかりませんが、非常におもしろい企画です。これを通して日本の海洋文化、船の歴史に興味をもっていただければいいですね。

インターネットなどのニュースで検索してみれば詳しい記事がいろいろと見つけられそうです。

スリランカ海事考古学博物館

スリランカで海事考古学博物館がこのたび新しくオープンしたそうです。以前は同敷地に博物館があったそうですが、2004年の大津波の際に倒壊したそうです。このたび、新しく海事考古学博物館としてリニューアルされたそうです。この博物館ではスリランカ周辺海域から発掘された遺物や、古代の海図、船舶などいろいろな海に関わる遺物が展示されてています。スリランカの総理大臣Rathnasiri Wichramanayaka(あえてカタカナ表示しません…)氏などが開館記念式典に参加したようです。

今後も地域の海事・海洋考古学の発展、これからの世代の育成に影響を与えていける博物館であってほしものですね。

Colombo Page Mar 04 2010.

Mar 04, Galle: Sri Lanka President Mahinda Rajapaksa today declared open the country’s first Maritime Archaeology Museum and the Visitor Information Center at the Old Dutch Warehouse in Galle Fort today.

The Museum newly established by the Ministry of Cultural Affairs and National Heritage in a 40,000 square feet faculty was built under a special grant of Rs.177 million from the Kingdom of the Netherlands.

The museum will display exhibits of marine artifacts discovered in explorations made in the ocean floor around Sri Lanka.

Artifacts relating to Maritime Archaeology, maps, naval craft and a host of articles including artillery guns, ropes, earthenware, beer mugs, smoking pipes, barrels, shoes used by the sailors, and items recovered from the wreckages of ships sunk in the sea off the Southern coast nearly 800 years ago.

The Museum previously existed before in Galle was completely destroyed by the Tsunami Disaster on 26th December 2004 and the present Museum is being established after renovating a massive old building constructed during the Dutch Era and situated within the historic rampart of Galle, the Ministry announced.

Netherlands Ambassador to Sri Lanka Ms. Leoni Cuelenaere, Commander of Navy Vice Admiral Thisara Samarasinghe, Prime Minister Rathnasiri Wickramanayaka, Minister Mahinda Yapa Abeywardena and Minister Piyasiri Wijenayaka also participated in the event.

水中考古学シンポジウム

もうすぐ2009年度も終わりになり、4月から2010年度が始まります。2009年度の締めくくりとして、先日、東京で水中考古学のシンポジウムが行われました。今回のシンポジウムに参加して私が個人として思ったことを書きたいと思います。

東京で丸1日を使って行われた今回のシンポですが、非常に価値のあるものだったと思います。多くの参加者に来ていただいたのもそうですが、それぞれの発表者も非常によいものが多かったです。午前中の発表は2009年度の調査報告で、日本各地でさまざまな調査が行われており、日本でも数多くの研究が行われていることは非常によいことだと思います。5年前にはこれだけの調査が行われるまでになるとは考えられませんでしたが、ここ2-3年の間に日本の水中考古学は大きく変化しているようです。特に、沖縄での調査や、瀬戸内海などでも本格的にサーヴェイなどが行われているようです。2010年度は関東・東北で調査が進むことでしょう。

午後の最初の講演は、ファンダイバーの素朴な疑問などを作家の中山千夏さんが語りました。我々頭の固い考古学者がその疑問にうまく答えられるかどうかは今後の課題となるでしょう。ファンダイバーの協力がこの学問には必要です。イギリスのNASなどはファンダイバーに水中考古学の基礎を教えることなどを行っています。考古学者がファンダイバーのために水中文化遺産の取り扱いについて教えていくことができるのではないでしょうか?ちなみに、水中の発掘で使うドレッジに時々魚が吸い込まれますが、よく戻ってくる魚がいます…吸い込まれるのが楽しいのでしょうか?

その他の午後の発表ですが、水中考古学についての理解を深めるための講演が中心でした。水中・海洋考古学の定義の問題など今後明確に示す必要があることが確認されたことは大きな意味を持っていると思います。また、水中文化遺産の保護を目的とした法の整備が日本ではなく、その必要性を当日参加した人は感じていただけたと思われます。さらには、身近に水中文化遺産があることも知っていただけたよい機会だと思います。

1日の講演の内容をこのようなサイトで詳しく取り扱うのは時間的制約などがあり難しいのですが、ひとことでまとめてしまうと、日本の水中考古学にもだいぶ期待がもてると安心して言えるようになったということでしょうか?海外から日本の状況を見ている私にとって、今まではこれから発達していくのにはいろいろと制約や問題があったように思います。しかし、今回のシンポジウムを通して感じたことは日本でもしっかりとした基盤が出来上がったと思ったことです。これから少しずつ確実に実績を積み上げればこの学問では世界的に遅れている日本でも充分追いつき、アジアの中で先導してこの学問を発達させていくことができるのではないでしょうか?今回のシンポジウムは日本の水中・海洋考古学にひとつの大きな区切りをつけたものだと感じました。これからは飛躍的に発達をしていく段階にむかっているのではないでしょうか?

さて、今回このシンポジウムに参加できなかった方も今後このような講演に参加してみることをお勧めします。学問は難しいと思っている人や、自分には興味がないと思っている人も、実際に参加してみると大きな発見があるはずです。今後、このサイトでこのようなシンポジウムや講演会などの情報を提供していきます。また、関係者は今回よりも有意義なシンポジウムを開催できるよう目指していきましょう。日本財団の関係者、アジア水中考古学研究所の関係者、発表者、当日参加していただいたかた、皆さんに感謝しております。

日本財団助成事業
2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
第3回『水中文化遺産と考古学』シンポジウム
を開催します。

日 時: 2010(平成22)年2月28日(日曜日)
10時30分~17時(10時開場)
会 場: 日本財団ビル 1階バウルーム
東京都港区赤坂1丁目2番2号
参加費: 無料(資料は有料となります)
主 催: 特定非営利活動法人 アジア水中考古学研究所
(ARIUA)

内 容:
【第1部】(午前) 10時30分~12時30分
2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
1.アジア水中考古学研究所とプロジェク紹介
2.調査報告
◯南西諸島 : 片桐千亜紀(ARIUA会員)
◯九 州     : 野上建紀(ARIUA副理事長)
◯瀬戸内・琵琶湖 : 吉崎 伸
(水中考古学研究所理事長)
◯日本海域    : 小川光彦(ARIUA会員)

【第2部】(午後) 13時20分~17時
シンポジウム「水中文化遺産を理解する」
【特別講演】 「水中考古学と私」
中山千夏(作家)
【基調報告】
1.「水中文化遺産と水中考古学」
岩淵聡文(東京海洋大学教授)
2.「海洋考古学の調査・研究の実例」
Randall J.Sasaki(ARIUA会員)
3.「水中文化遺産と国際法
-日本国内法制への示唆-」
中田達也(文教大学講師)
4.「身近にある水中文化遺産を巡る」
林原利明(ARIUA理事)
【討 論】 コーディネーター 塩屋勝利(ARIUA理事)

ケニアと中国合同調査

ケニアと中国の水中考古学が合同調査を進めることが正式に発表されたようです。中国の考古学者がケニアと合同でラム諸島・マリンディ周辺で沈没船を探すためにサーヴェイを行う模様です。今後3年間で毎年2-3ヶ月のプロジェクトを行う模様。ケニアでは多くの中国陶磁器片が発見されており、貿易のメカニズムの解明を目指している。

People’s Daily Online

Chinese experts to explore sunken ships from Cheng Ho’s fleet in Africa  (2/24/2010)
The National Museum of China, Peking University’s School of Archaeology and Museology, as well as the Kenya National Museum jointly signed an agreement February 23, under which, Chinese and Kenyan experts will investigate and excavate underwater and onshore cultural relics in Kenya’s Lamu Archipelago, in a bid to further solve relevant historical mysteries relating to China-Africa cultural and economic exchange in ancient times. In addition, some Chinese experts will visit Kenya to explore the sunken ships from Cheng Ho’s fleet.

Zhao Hui, director of Peking University’s School of Archaeology and Museology, said that this project has witnessed 5 years of investigations, argumentations and preparations and it involves investigating, exploring and excavating the underwater cultural relics in and around the Lamu Archipelago, unearthing ancient ruins in and around Malindi City, and researching Chinese cultural relics unearthed in Kenya’s coastal areas.

Reporters learned that the Ministry of Commerce has allocated 20 million yuan to fund the important foreign-aid project scheduled to last 3 years. Every year, the Chinese side will dispatch experts to Kenya to work there for 2 to 3 months. Due to special climate conditions in Kenya, cultural relic excavation can only be launched during 2 dry seasons, namely, from June to September and from December to February of the following year. The curator of the Kenya National Museum disclosed that a Chinese expert group will arrive in Kenya in July 2010 and more Chinese experts are expected to arrive later.

According to Zhao Jiabin, director of the Underwater Archaeology Center at the National Museum of China, ship debris and ancient chinaware from China’s Yuan, Ming and Qing dynasties have been discovered during the archaeological excavation and investigation in Kenya’s 5 coastal regions such as Malindi.

“We do not know whether Chinese or Arabs brought this chinaware,” said the curator of the Kenya National Museum, and cultural relic identification is also an important part of the China-Kenya cooperation. He added that most of the unearthed ancient chinaware has been put into the Kenya National Museum, and according to an international convention, China can borrow any unearthed item for the purpose of doing scientific research, but relevant agreements should be signed in advance.