水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

現在の研究の関心について

水中考古学という言葉を聞いてまず連想されるのは、水中での発掘調査でしょうか。船舶・海事考古学のプログラムを組む大学では、毎年フィールドスクールを実施して水中での考古学調査の経験を積むことが重視されています。ここでは調査とは別に、海事考古学においては、どのような研究がテーマとなりえるのかということについて、若干お話ししたいと思います。


現在の研究の関心について の詳細は »

3Dイメージを利用した水中遺跡探査の疑似体験!?

BBCからのニュースで、バーチャルサブマリンを利用して水中遺跡を探索するシステムが将来開発されるかもしれないとのことです。Venus(Virtual Exploration of Underwater Sites)と呼ばれるプロジェクトでは、実際の考古学の研究から得られた沈没船や遺物の情報を3D再現し、シュミレーションのようにそれらを探索することができるとか。データのBiasを減らすことができれば、水中遺跡のプローモションや理解普及に利用できるかもしれません。

アメリカ最古の人骨が水中遺跡から発見

メキシコ・カンクーンの近くにある町、テゥルムでアメリカ大陸最古となる可能性の人骨(女性)が発見されたそうです。ナショナル・ジグラフィックから発表されています。まだ精密な調査がもう少し必要だそうですが、炭素年代で13,600年前と出ています。

この人骨は水中洞窟の中から発見されたそうです。水深約15mの地点ですが、当時は海底面が低かったので陸だったそうです。彼女は東南アジアか北アジア系に骨格の特徴が似ているそうです。


アメリカ最古の人骨が水中遺跡から発見 の詳細は »

新入生!

新学期が始まり2週間がすぎました。そろそろ新しいクラスにもなれ始め、講義の内容も本格的に難しくなってくる頃です。さて、今年の新入生はどんな生徒が入ってきたかというと...


新入生! の詳細は »

ユネスコが水中文化遺産保護条約への理解を促進するため動画を作成

上記のサイトでは、ユネスコ水中文化遺産保護条約の概略を説明した動画を見ることができます。日本語のバージョンはありませんが、映像からその内容を何となく理解できるのではないでしょうか。インターネットの環境によっては再生のスピードに問題を感じるかもしれません。動画は短くまとまっており、水中文化財や遺跡が保護条約のなかでどのように位置づけられているのかを説明しています。条約が国連海洋法にもともと定められていた水中文化財・遺産の保護を補完することを意図していることが述べられています。また動画の後半部では条約が保護だけを目的としたものではなく原位置保存を前提にした、水中遺跡の一般への開放を重視していることが述べられています。動画で使われている水中遺跡の調査シーンには偏りがあり、必ずしも学術的に評価されている調査の映像を使ったものでないとの批判も出されています。

NASが水中考古学のフィールドトレーニングについての新刊を出版

イギリスの水中考古学調査団体NASが新たなトレーニングガイドの本を刊行しました。最初のトレーニングガイドが出版されたのが1995年。以来第2版の出版が望まれていました。新たなガイドは、第1版を踏襲するかたちで、新たな調査技術について触れられています。またカラー写真が増えたりもしています。第1版から省略されたチャプターもあるので、新・旧両方のトレーニングガイドを持っているのが良いかもしれません。また調査事例などはどうしてもイギリスやアメリカが中心となっています。価格は洋書としては、低めに設定されているので、購入し易いかもしれません。

子供が発見古代のカヌー

サウス・カロライナ州では今年は雨が少ないため川の水位が下がっていました…

7月、Keowee川で遊んでいた子供たちが一部土に埋まったカヌーを発見しました。何日かして、近所の友達にもその発見を見せたそうです。なんと、その中のひとりが、以前すぐ近くの川で発見されたカヌーのニュースを覚えていたそうです。そのため、貴重な遺物であると思い、また、空気に触れると劣化が始まることを聞いていたので水の中につけておいたそうです。

その後、政府機関などに連絡をいれ、先日無事に引き上げが行われたそうです。カヌーの分析はまだこれからですが、引き上げなども地域のボランティアによって行われました。

地域の子供によって発見、一時保存、そして住民が一緒になって遺物を守る。そんなすばらしい例が実際に行われた良いニュースですね。

こちらが以前に発見されたカヌーのニュースです。
http://www.chattoogariver.org/index.php?req=canoe1&quart=Su2004


子供が発見古代のカヌー の詳細は »

ラボでの仕事

大学に通うにはお金がかかる!というのは当然でしょう...ですが、いろいろと役に立つシステムがアメリカにはあります。


ラボでの仕事 の詳細は »

2週間後から新学期!

さて、新しくブログのコーナーを新設してみました!

日本人学生の水中考古学を学ぶ大学院生活のブログです。肩の力を抜いてできるだけ頻繁にアップデートしていく予定です。勉強、研究、仕事などなど…お楽しみに!

さて、あと2週間で新学期ですが…


2週間後から新学期! の詳細は »

ユネスコ水中文化遺産保護条約18の国によって批准される。

イコモスのICUCH(International Committee on the Underwater Cultural Heritage)によれば、7月下旬新たにモンテネグロがユネスコ水中文化遺産保護条約(2001 UNESCO Convention on the Protection of the Underwater Cultural
Heritage)を批准したようです。これで批准国は18ヶ国になり、残り2カ国に批准されれば、条約が正式に発効されます。