水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

あなたの街の水中文化遺産を探してみませんか?

何度か紹介しているアジア水中考古学研究所(ARIUA)が行った水中文化遺産のデータベースプロジェクト。報告書ダウンロードできますので、興味のある方は是非!500以上もの水中遺跡を網羅、そして、いくつものプロジェクトについての詳細などなど。

次のステップはこのデータの活用、それぞれの遺跡の詳細な情報を調べることと周知化ですね。

プロジェクト報告書PDF

 

予想はしておりましたが…やはり

名護市辺野古に移設予定のアメリカ軍の基地の埋め立て予定地の海岸から琉球王朝時代の貿易船「碇石」に似た石が発見されたそうです。この碇石らしき石はすでに教育委員会に引き渡され、埋蔵文化財保護法に適応させ、試掘調査を行う可能性があるとか…

以前から、予想されていたことですので、「発見」には特には驚きはないですが、よく報告され、それが表(ニュース)になったなと思います。この先どうなるか…調査は原因者負担となると、米軍?それとも…?いろいろな要因が絡みそうで難しい問題になりそうですが、多くの人が真剣に水中文化遺産について考える(知ってもらえる)良い機会かなと思います。

しばらくどうなるか見守ってみましょう…

「日本・世界の水中考古学の現状と課題~学問の魅力に迫る~」平成27年度考古学講座

平成27年度考古学講座のご案内

第2回「日本・世界の水中考古学の現状と課題~学問の魅力に迫る~」

釜山広域市との文化財交流事業講演会 「韓国の関羽信仰について」

講師

・九州国立博物館  佐々木 蘭貞 氏
・釜山市立博物館  柳 鉉 氏

概要

 今回の講座は「船」がテーマです。現在も水中に残る古代の船について,「水中考古学」の視点から実際の調査例をまじえて解説します。
また,釜山広域市と本市が行っている文化財交流事業の講演会もあわせて開催します。今回は釜山から先生をお招きし,ご専門の分野についてお話しいただきます。

日時

平成27年6月20日(土曜日) 13時30分から16時30分
(受付は12時30分より開始。)

場所

福岡市埋蔵文化財センター研修室 (福岡市博多区井相田2丁目1-94)

定員

200名(先着順とし,受講できない場合は当センターよりご連絡します)

申し込み方法

ホームページ( http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/maibun-c/shisetsu/kozaannai.html)、ハガキ、FAXのいずれかに講座名・氏名・電話番号を明記のうえ、福岡市埋蔵文化財センター宛にお送りください。なお、送って頂いた個人情報を目的以外で使用することはありません。

お問い合わせ先

福岡市埋蔵文化財センター
〒812-0881 福岡市博多区井相田2丁目1-94
電話:092-571-2921/FAX:092-571-2825
H P:http://www.city.fukuoka.lg.jp/maibun/html/

日本の水中文化遺産の取り組み~今後の取り組み

日本は、「水中文化遺産」の保護について法律が存在せず、体制も未熟、政府の方針もはっきりした提示がなされていない珍しい国です。ユネスコ世界遺産などは日本国内のメディアで騒がれてはいるものの、おなじユネスコが進める水中文化遺産保護条約に関しては盛り上がりに欠けます。このユネスコ条約は、つい先日マダガスカルも批准しました。経済的に豊かでない国々でも水中にある文化遺産を守ろうとする動きは高まっています。

とはいうものの、ここ数年、日本でも取り組みが本格化しています。長崎県鷹島の元寇沈没船の発見や国の指定など存在感を現し始めています。

そんななか、政府も着実に動き出しています。「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第4次基本方針)」のなかの重点戦略3:文化芸術の次世代への確実な継承,地域振興等への活用において、「水中文化遺産の保存・活用の在り方についての調査研究を進めるととも に,地方公共団体の取組を促す」と書かれています。国の方針として水中文化遺産研究をしっかりと進めていこう!しかも、重点的に取り組んでいこうということです!地味で全く報道されていませんが、大きな一歩ではないでしょうか?

同じパターンですいません…

マダガスカル沖で、キャプテンキッドの船ではないかと話題になった沈没船があったそうです。

この『調査』にとあるテレビ局が番組を作成していたのですが、どうやら遺物の無作為な引き上げなど問題がいろいろあったそうです。それを受け、ユネスコが専門の調査団を派遣することになったそうです。マダガスカルはユネスコの水中文化遺産保護条約を批准しているので、ユネスコの調査団の派遣を依頼することができます。

さて、実は、このテレビ局といっしょに『調査』をしていたのが、昨年ハイチでコロンブスの船の発見を大々的に公表したのと同一人物のようです。その時も、ハイチ政府からユネスコの調査団の派遣依頼があり、すぐに嘘であったことが判明。今回も、嘘であり、遺跡を破壊していたのでしょうか?

陸の遺跡だったらこのようなことはあまり起きないのではないでしょうか?実は、このようなケース、珍しくはないようです。最近は、世界で水中文化遺産保護の条約が広まっているので少なくはなってきていますが、水中文化遺産の価値について認識の薄い国は人知れず遺跡が破壊されているケースもあります。また、正確な数はわかりませんが、埋め立て地や海の上の開発のほうが遺跡をより多く破壊しているといわれています。

水中遺跡の保護、そして、水中遺跡を守る働きを今後も広めていく必要がありますね。

こちらのニュースでも詳しく報じられています

台湾の水中考古学

ここ数年、台湾も水中文化遺産の保護に積極的に動いています。韓国や他の国々の水中の文化遺産の調査・保護の取り組みを見て自国領海内の文化遺産の保護の体制を作りつつあります。ちなみに、台湾がお手本としたのが、フランスの体制。トレーニングなども行っているそうです。裏情報(?)によるとアメリカの大学などにも視察に行っていたような…

国や大学、民間研究団体などが協力をし、台湾周辺では新しく80件ほどの水中遺跡が発見されているようです。2006年からは国が主体となりプロジェクトを進めているそうです。また、水中文化遺産保護の草案なども出来上がっているようで、ユネスコ水中文化遺産保護条約を意識して作られています。水中文化遺産保護に関する違反行為なども厳しく罰せられるようです。ユネスコといえば、つまりは原位置保存が第一オプション。考古遺物を含めた意味での環境の保全と開発との共存(原因者負担)をほのめかしているようです。

むやみやたらな引き上げや、お宝さがしなど言っている時代は終わっているようですね。

以下に、いくつかリンクを紹介します。日本語の資料は検索中です…英語・中国語ならいろいろあるようです。

台湾の水中文化遺産に関する法律その1

台湾の水中文化遺産に関する法律その2

去年のニュースですが、少し詳しく書かれています(英語)

台湾の水中文化遺産保護の法律についてのニュース

武蔵をどう保存するか?

つい先日、フィリピン沖で旧日本軍の戦艦「武蔵」が発見されたニュースが話題となっておりました。映像などを見る限り、間違いないそうです…

発見をしたのが、マイクロソフトとゆかりの深いポール・アレン氏。かなりの資産家で世界各地で様々な活動をしています。アレン氏によると、フィリピン、日本と協力し、お互いの感情を尊重した処置を取りたいとのこと。トレジャーハンターなどに発見されなくてよかった…現在、すでにフィリピン国立博物館と協議を行っているとのことで、館長さんも近々来日するとのこと。

さて、太平洋戦争の船は太平洋に広く存在しています。パラオ、ミクロネシア諸島などなど。中には、ダイビングスポットとなっている場所もあります。(さすがに武蔵のあるポイントは深すぎです) さて、しかし、実際にこれらの船に乗っていた人で亡くなった人もいますし、まだ遺骨も残されている場合もあります。これらを簡単に「遺跡」とか「ダイビングポイント」などと呼んでいいものではないと個人的には思います。しかし、例えば太平洋の島に住む人にとっては侵略行為に思えたかもしれませんし、また、現在はダイビングなど町の産業に欠かせない収入源となっている場合もあるようです。なかなか難しい問題です。

さて、日本側からの立場でものを考えると、遺骨収集、それに伴う発掘など様々な対応が考えられます。どのように対応するか、みんなが合意できる方法を考えるべきであると思います。今はまだ答えが出ないケースが多いようです。ですが、待っていると歴史・記憶が忘れられていくだけでなく、その痕跡も劣化していきます。特に鉄製品は水中では錆でボロボロに…水中の環境によっては木材のほうが長持ちするケースも多いようです。

これらの船舶をどうするのか?が問題です。放っておくと、どんどん劣化が進みます。それを食い止める手段はないのでしょうか?実は、水中考古学者は様々な海域で劣化していく遺跡をどのように保護していくかの研究を始めています。海底の酸素濃度、塩分、温度、pH、生息する植物やバクテリアの種類、海流などなど様々な要因が劣化の進行に影響を及ぼします。現在、戦争遺跡などを定期帝に「モニタリング」して環境や遺物の分析を行っています。

武蔵の沈む海域は比較的安定していると思いますが、それでも、劣化はかなり進行しているようです。今後、どのように対応するのか…劣化する鉄製の船を保存しようとする動きは軍艦だけではありません。有名なタイタニックも劣化のモニタリングを行っています。比較的新しい分野の研究ですので、まだまだ多くのことを学べます。今できることは、このような研究ではないのかと個人的には思います。

 

 

The Mongol Invasion of Japan

さて、日本では近年鷹島海底遺跡が有名ななってきていますね。特に数年前の元寇の船の船体の発見以来メディアでも話題となっています。

その鷹島の遺跡ですが、世界ではすでに10年以上も前から大きな話題となっていました。とある考古学雑誌では世界の水中考古学のトップ10にも入るほどです。これは、船体がまとまって発見される以前から世界では注目されていました。この遺跡を題材にドキュメンタリー番組も数回取材にきており、また、時折話題となっています。

そんな鷹島海底遺跡と元寇のついて紹介する本をこの度出版させていただきました。海外向けの本ですので、日本の読者にはあまり向いていないでしょう…元寇についての歴史なども書きましたが、日本の歴史を知らない人のための本となっています。そのため、残念ながら日本語版の出版には内容を大きく変えて、もっと詳しい研究が必要です…そのうちに違った形で日本の読者にも遺跡の紹介をできたら良いなと考えております。

とはいうものの、英語の勉強には最適?考古学・歴史に興味があり、また英語を勉強したい学生などには良いかもしれません。英語自体は決して難読ではないので…または、英語を読めるお友達にプレゼント?

The Origins of the Lost Fleet of the Mongol Empire   (Texas A&M University Press)  

トレジャーハンター逮捕

沈没船から財宝を引き揚げて一攫千金…という話は昔の話。今では世界の多くの国で立派な犯罪です。

ちなみに、今まで引き上げられた「財宝」で金銭的価値の高かったものはほとんど引き揚げた人々にとってはマイナスとなっています。違法に引き上げて遺物は没収され罰金の支払い請求など様々です。

さて、その中でも特にひどいのがこのケース。アメリカ・オハイオ州に住むトンプソン氏は、1857年に沈没したSSセントラル・アメリカ号に積まれていた金塊に着目し、引き揚げ事業を起こして出資者を募りました。多くの資産家が彼の事業に投資をし、見事に発見!ところが、いろいろあってトンプソン氏が投資者に約束の支払いをせずに逃亡。2年間におよぶ逃亡生活の末、ついに逮捕されたようです。

もう二度とこのようなことがないように願いたいものです。トレジャーハンター貴重な歴史・考古学資料の破壊行為です。そして、海難事故という多くの命を失った現場の破壊でもあります。確かに時間は過ぎていますが、そのような現場を私利私欲のために利用するのは許しがたい行為です。考古学者は、そこにある歴史を真に受け止めて後世に伝える努力を尽くします。さらに、この事件は現在生きている多くの人々(投資家など)を騙してしまいました。

それでもなおトレジャーハンターを美化する人々がいるのが残念です。そして、居場所を失ったトレジャーハンター達は水中文化遺産の保護に関して法律がなく、一般にもその考えが浸透していない地域に活動の場を移しています。ユネスコが水中文化遺産の保護を進めているため、そのような国や地域はほとんどなくなっています。しかし、日本がそのような場所であることを問題として捉えている人はどれくらいいるのでしょうか?

日本も水中文化遺産保護の機運が高まってきており、数年前に比べて研究の質や関わっている人の数も多くなっています。しかし、実際には水中の遺跡に関する特定の法律はないため、何かあった時に対応できない可能性があります。それを防ぐためには、人々が貴重な遺跡が日本近海には多く眠っていることに目を向けることに始まります。まだまだ多くの人が水中文化遺産の理解を深めることが必要だと思います。詳しくは、このウェブサイトやネットでいろいろな情報を探すことができます。

現在、把握されている日本の水中遺跡は500件以上あります。他国の数と比べると決して多くはなく、実際にはこの数十倍の遺跡があると考えられます。デンマークやオランダのような小さな国でも数千から数万件の遺跡があると想定されています。また、水中遺跡は調査が大変で費用が掛かるというイメージがありますが、スリランカなど決して日本と比べて豊でない国もしっかりと水中遺跡のマネージメントを始めています。あまりうまくは言えていないかもしれませんが、すこしでも水中遺跡(水中考古学)について考えていただける機会になっていただければ嬉しく思います。

原人の化石、台湾の海底沖から発見

ちょっと実はもの凄い発見が今ニュースで報じられています…まだ真相はこれからどんどん解明されていくのでしょう。

数万年前のものと思わえる原人の化石(下あごの一部)が台湾の沖で発見されていたようです。澎湖諸島周辺の海域で漁師の網に偶然引っかかって発見されたようです。

アジア、というか、人類の初期の歴史を考える上で重要な発見になりそうです。様々なニュースがネットなどで探せますので、詳しくは、そちらをご覧ください。ここでは、水中考古学の立場からひとこと。

もしかすると、海底の場所によっては数万年前の故環境・地形が有機物などを含めてしっかりと残っている可能性もありますね。日本の周りの海の底に大きな発見が眠っていることは間違いないでしょう。

とはいうものの、このような発見はそこまで驚くことではないと思っています。「ついに発見されたか!」というのが、私の個人的な最初の印象でした。そして、ニュースを読む前から、漁師によって発見されたんだろうなと思い、まさにその通りでした。水中では空気が遮断されるので有機物の保存は陸よりも格段に良好です。また、完全に砂に埋もれると、バクテリアなども活動ができないので、ほぼ完ぺきな状態で残っていることも考えられます。さらに、海の底ですと、開発や地形の変化からも比較的影響を受けにくい場合が多いようです。地殻変動や海水面の変化により埋もれた古地形は残っていて同然でしょう。埋没林など時々発見されていますね。

さて、次に漁師というのがポイントです。実は、世界の著名な水中遺跡のそのほとんどが、一般の人によって発見されています。新安沈没船、鷹島海底遺跡、ヴァーサ号、ウルブルン沈没船、などなど…すべて漁師さんなど一般からの情報提供により発見につながっています。逆に、「何も情報がない場所から考古学者が発見した水中遺跡」の名前を挙げるのは難しいです、なかなか思い浮かびません。

このような発見はまだまだ見つかる可能性があること、そして、水中文化遺産の認知をとして発見の漏れを防ぐこと。これが今後の考古学・歴史研究を発展させるうえで重要であると思います。もちろん、このような発見を報告する機関とその確認を行う機関の整備(法律などを含め)も必要でしょう。

原人 下あご 台湾 などで検索をすると、沢山ニュースが出てきます