水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

舟形木製品出土

いろいろな新聞で記事が出回っているようです。古墳時代の船型木材が出土したそうです。この発見はエジプト古代王朝の葬儀に使われた船を思い出させます。それだけ古代の日本では船と密接な関係にあったのでしょう。海と深いつながりがあったこらこそ船を葬儀の道具として使ったと考えています。外販などの接合方法など興味ありますが、短い記事だとたいしたことがわかりませんね。しかし、葬儀用の船の場合、実際に使われた船とは異なっている可能性も否めません。いずれにせよ船の考古学に貢献できるおおきな発見だと思います。このニュースで思いつくのは、発掘報告書などを見ると、他の遺跡でも特定できてない木材がいくつか出土しており、時折、船材(?)と記述されています。これらの不特定木材を総括的に分析する必要があると思います。また、船の考古学を知らない考古学者が多いため、見るべき部分を見逃している可能性が多いのではないでしょうか?この発見も実際に水に浸かったことがあるか、木材を乾燥させてから作ったか、接合方法、フレームなどの跡、などなど”船の考古学”の専門家が見るべ気ではないでしょうか?船を文献などから研究している先生はいますが、考古学はまた違った見解を持っていることもあります。

クスノキ製の部材(長さ2・1メートル、幅78センチ、厚さ25センチ)は復元長が約4メートル。 ということですが、楠木は船材として一般的に使われています。幅は舷側版としてよいでしょうが、ずいぶん厚みがあるようです。どのように接合されていたか興味があります。


舟形木製品出土 の詳細は »

水中考古学が人類の常識を塗り替える!

最近話題となっているのが最初にアメリカ大陸に渡ったのは誰だったのか?ということです。 氷河期に水深が下がり、ベーリング海峡に出来た陸をアジアから人々が移動したと考えられていましたが、いろいろな説が出ています。特に、今から14000年ほど前にヨーロッパから船を使って北アメリカに到達したという説があります。これはアザラシなどの哺乳類を追ってたどり着いたと言われています。また、太平洋側からもわかめや昆布をたどって北海道からアリューシャン列島を経て、アメリカにたどり着いたと言う説もあります。他にも太平洋をいっきに横断したと言う説もあります。水没遺跡などがどんどん調査されれば水中考古学の発見によっては人類の歴史を大きく塗り替える可能性があるかも知れません。そのうち詳しく記事を書く予定です。


水中考古学が人類の常識を塗り替える! の詳細は »

田辺 昭三先生

水中考古学へ興味を持ち、そして実際に地中海などで実践していた田辺 昭三先生(水中考古学研究所長)がお亡くなりになりました。シリア沖での発掘など一時は精力的に水中考古学の活動を行っていました。だいぶお歳だったのですが、非常に残念に思います。日本での水中考古学の発達を手がけた功績については後ほど記事を載せたいと思っています。


田辺 昭三先生 の詳細は »

ベトナムの沈没船

ベトナムから約76000件の遺物がアムステルダムにオークションでかけられえるため輸出されます。1998年に引き上げられた遺物で18世紀のものだと考えられています。 

歴史・考古学を愛する私にとって遺物をオークションにかける心境がわかりません。このような行為を少しでも減らしていければと個人的には考えております。


ベトナムの沈没船 の詳細は »

ジョーンズ博士 再来?

インディー ジョーンズ4の噂はよく耳にしますが… 
人から聞いた話によると水中考古学関連だとか?
2年ほど前、そんな噂がネットにあったのですが、もう見つからないですね。

現在、脚本の製作の最終段階に入っていると聞きます。ルーカス、スピルバーグ、ハリソン・フォード、などみんなが納得できる脚本を作るため時間をかけているというそうです。ハリソン・フォードの(実際の)恋人が出演するとか、いままでのメインキャストを集めるとか?水中考古学関連だと一気にこの学問の知名度が上がるので期待してます。アメリカの水中考古学の人気・認知度をみるかぎり可能性はありえますが…

http://www.smh.com.au/news/film/its-a-crock-kid-hollywood-is-not-archaeology/2006/02/20/1140284006672.html

http://www.supershadow.com/indianajones4/

漁村も大切な文化遺産です

水産庁が漁村の歴史財産百選をきめたそうです。それに関連したニュースです。

伊根の「舟屋群」など
水産庁、漁村の歴史財産百選を決定

水産庁は17日、漁村に残る歴史的価値の高い施設や史跡を「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」として選んだと発表した。

 明治時代にニシン漁の漁師が宿泊した北海道小平町の「旧花田家番屋」や、住居の一部が船着き場になっている京都府伊根町の「舟屋群」など家屋のほか、地域の伝統的漁船や漁の安全を祈願した神社など40都道府県の施設。

 同庁は百選の施設に認定証を発行し、漁村の観光振興などに役立てたい考えだ。

 百選は、都市と漁村の交流を深める狙いで、昨年9月から11月にかけ一般から募集。応募があった350件から(1)地域固有の漁業文化に根差している(2)珍しい建築工法や形状-などを基準に、作家の立松和平さんら有識者による選定委員会を設け100件を選んだ。(共同通信)

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006021700179&genre=M1&area=K00
———————————————————–

百選に「由利海岸波除石垣」/水産庁選定、漁業漁村の歴史文化財産

 水産庁は17日、漁村に残る歴史的価値の高い施設や史跡を「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」として選んだと発表した。本県からは、にかほ市の国指定史跡「由利海岸波除石垣」が入った。同庁は百選の施設に認定証を発行し、漁村の観光振興などに役立てたい考えだ。

 由利海岸波除石垣は、同市飛地区から芹田地区にかけて築造され、平成9年に国指定史跡となった。波浪や強風、塩害から海岸、農地を守り、北国街道の決壊や風波を防ぐため、自然石を積み上げて築造。遅くとも18世紀後半には築造されていたとみられ、近世における海岸部保全や農地開発の歴史を知る上で貴重な土木遺跡とされる。

 また、明治時代にニシン漁の漁師が宿泊した北海道小平町の「旧花田家番屋」や、住居の一部が船着き場になっている京都府伊根町の「舟屋群」など家屋のほか、地域の伝統的漁船や漁の安全を祈願した神社など、計40都道府県の施設が選ばれた。

http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20060218g
———————————————————–

水産庁は十七日、全国各地に残る歴史的・文化的価値の高い「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」を発表した。

 史跡や遺跡、建築物などで、今後、ガイド集やポスターなどをつくり、都市と漁村の交流の場や手段として活用を促す。全国から三百五十件の応募があり、作家や写真家らでつくる選定委員会が各都道府県の意見を踏まえて選考した。

 九州・山口から選ばれた二十七件は次の通り。

 【福岡県】みあれ祭りと宗像大社中津宮(宗像市)津屋崎千軒(福津市)相島波止(新宮町)有明海佐賀福岡両県漁場境界標石柱(柳川市)【佐賀県】小川島鯨見張所(唐津市)沖ノ島とおしまさん(鹿島市)【長崎県】すくい漁場(諫早市)アホウ塀と歴史的建造群(壱岐市)木坂の藻小屋(対馬市)有川捕鯨関連文化遺産(新上五島町)カグラサン(五島市)【熊本県】ドリュー女史記念碑(宇土市)うたせ船(芦北町)崎津天主堂(河浦町)【大分県】御船寄(中津市)姫島七不思議(姫島村)保戸島集落(津久見市)【宮崎県】油津の港物語(日南市)【鹿児島県】桁打瀬船(出水市)鹿島離島住民生活センター(薩摩川内市)羽島漁港(いちき串木野市)南方漁場の開拓者原耕の像(枕崎市、南さつま市)【山口県】沖家室の漁村集落(周防大島町)祝島の神舞と石積み集落(上関町)牛島漁港藤田・西崎の波止(光市)下関漁港閘門(下関市)青海島鯨墓(長門市)
(西日本新聞) – 2月18日2時22分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060218-00000021-nnp-kyu

新しい学術誌 Journal of Maritime Archaology の発行

マリーローズ号の調査プロジェクトに関わり、現在はイギリスサザンプトン大学(University of Southampton)で教鞭を取るジョン・アダムス(Jonathan Adams)氏が2006年からJournal of Maritime Archaeologyを刊行します。海事考古学のあらゆるテーマを取り上げる最初の学術誌とのことです。

サーヴェイについてひとりごと

日本で水中考古学がなかなか発展しない理由の一つにサーヴェイをほとんど行っていないことが挙げられると思います。サーヴェイとは磁気探査、ソナーなどを使った沈没船を探すための調査です。これは、基本的には船の後ろ(もしくは横)などに探査装置を取り付け調査海域を行ったり来たりして、海底面の様子を調べることです。先週ぐらいに見たニュースで、たいしたニュースではなかったのでここでは紹介しなかったのですが、そのニュースによると、数日間、ワシントン州では嵐に見舞われていたそうです。その後、1960年に沈没したクルーズ船が姿を現したそうです。海底面や海岸線が動いたので沈没していた船が出てきた、とのこと。 このことに関してちょっと一言コメントしてみたいと思います。


サーヴェイについてひとりごと の詳細は »

Wen-Amun

[ 問題 ]

12世紀BC頃のエジプトからWen-Amunという商人がByblos、現在のパレスチナ地方やレバノンのあたりに木材を買い付けるための取引に行った記述があります。彼はちょっとした過ちから身を追われることになってしまいました。そこで彼はAlasiya(アリシャ)地方(呼び方は多少訳により異なります)に逃亡し逃げ切ることに成功しました。このアリシャとは何処のことでしょう? ちなみにこのお話はエジプトが外交の力をすでにこの頃には無くし、逆にパレスチナなどが貿易で力を得ていることが伺えます。
Hint ここは銅(Cu)の産地として有名な場所です。

  1. 現在のリビア周辺
  2. シナイ半島
  3. ジパング
  4. キプロス島
  5. クレタ島


答えを見る »

ハワイ-太平洋の海洋考古学と歴史シンポジウム

今年で第17回目になるハワイと太平洋の海洋考古学と歴史シンポジウムがハワイ大学で行われます。2月の18-20日にハプナビーチプリンスホテルで開催。今年のテーマは“先祖の航海(Our Voyaging Ancestors)”です。太平洋の航海、第二次大戦の考古学、そして遺跡の観光地化についてなど。キーノート講演は二重船殻カヌーのセイルマスターのNainoa Thompsonさんが行います


ハワイ-太平洋の海洋考古学と歴史シンポジウム の詳細は »