水中考古学の薦め

人間の新しい環境に乗り出していく好奇心と挑戦心が物質的にあらわれたもの、それが“ふね”です。考古学は水中であれ地上であれ基本とすることは全く同じです。過去を愛する人、遺物を将来のために守っていく心を持った人の集まりが水中考古学を発展させていくことでしょう。トレジャー・ハンティングや水中考古学まがいのものが日本では認知されてきていますが、考古学の目的は遺跡・遺物の保護です。過去を大切にすること、それが第一原則です。今こそ日本人の海への関心を高めるべきです。地上の重力に魂を束縛された人間の心を解放し、水中遺跡の関心を高めていく。それが私の使命だと考えています。

2005年4月2日 Randall Sasaki

Maritime Archaeologyについて

フリンダース大学で学ぶことができるMaritime Archaeologyは日本語訳にすると「海事考古学」となります。同様にこのサイトで扱っている水中考古学は’Underwater Archaeology’の、「船の考古学」は’Nautical Archaeology’の訳語にあたります。それぞれの学問領域は重複する部分がある一方で、専門研究分野は異なります。ここではMaritime Archaeologyの定義とは何かを、「水中考古学」、「船の考古学」と比較しながら考察します。


Maritime Archaeologyについて の詳細は »

個人的にTexasA&Mについて

私が通うテキサスA&M大学についてひとこと。
独断と偏見で私の思ってることを書きます。
このプログラムについての意見です。 

1976年に世界で始めて水中考古学を学べるプログラムが発足しました。それがNautical Archaeology Program(NAP)です。 NAPはテキサスA&M大学(TAMU)の人類学部の中に含まれています。Institute of Nautical Archaeology(INA)は水中考古学研究所で独立した団体ではありますが、NAP,TAMUとは切っても切れない関係にあります。


個人的にTexasA&Mについて の詳細は »

イラン水中考古学 船の積荷発見

イランの水中考古学チームがイラン南部のBoushehr地域のRig港のそばでParthian時代(247 B.C. to A.D. 228)に貿易に使われた樽が発見された。 10個の樽が発見され、これらの樽はワインなどの貿易に使われた。 髪飾り、鎧、イカリなども発見された。 これらの遺物はきちんとビデオカメラなども駆使して記録されたとHussein Tofighianさんは語った。 この他にもこの地域には貴重な水中遺物が点在しているという。 これらの遺物は船に積まれていたと思われるが、波の影響や漁業により船自体は完全になくなってしまったのだろうという。 

世界初?沈船サーヴェイ・トレーニングDVD

磁気探査機、ソナーなどを使ったサーヴェイのトレーニングDVDを売っている会社のようです。
多分、考古学者を対象としたこのような商品は初めてではないでしょうか?
今年の初めに売り出されたようですね。 
値段が出て無いのですが、ちょっと買ってみようかと思ってます。 

アジア水中考古学研究所

九州沖縄水中考古学協会(KOSUWA)が変わります!
日本で唯一本格的に活動を続けている水中考古学協会がリニューアル!!!協会は8月にNPO法人設立に向け諸手続きに入りました。
これからますます日本の水中考古学の発展のため力を入れていくことでしょう!

水中考古学フィールド・スクール 3

こちらもフロリダでの体験学習です。 
あまり詳しい情報がないので申し訳ありませんが、興味があればメールなどでコンタクトを取ってみてください。

水中考古学フィールド・スクール 2

こちらはウクライナでの体験学習です。 期間も長く、もっと専門的に学べそうです。
フロリダのコースよりきちんとした組織・大学が主催してます。
やる気のある人には参加すればきっと収穫も多いでしょう。 

水中考古学フィールド・スクール 1

フロリダで水中考古学の実技が学べる体験学習(大学単位が取れると思います)が行われます。
代表のSimonさんとは連絡を良く取っているので、質問があれば連絡をください。
詳しい情報を提供します。 

5.木材保存

木材の保存処理は水中考古学者、特に船の考古学を学ぶ者にとっては必ずと言っていいほどマスターしなくてはいけないであろう。最近では、元興寺や奈良などで糖アルコールなどを使った保存方法が開発されている。まだ一般的ではないがこれからどんどん普及していくと思われる。 ここではテキサスの保存処理クラスのマニュアルの翻訳なので、海外で一般的に使われている方法を紹介してある。 

木材の保存で大切なのは、一つの方法だけにたよるのではなく、様々な保存方法の中から状況に応じて最善の処理法を選択することである。 
シリコンオイルなども小さな遺物の保存にその威力を発揮する。 


5.木材保存 の詳細は »

WHOI

アメリカを代表する海洋開発研究センターです。 
ウッズホール海洋研究、略してWHOIです。
日本でいえばJAMSTECになりますね。
潜水艦ALVINや水中ロボットなどなどいろいろあります。
もちろん水中考古・深海考古学にも研究熱心です。 
AUVなども駆使して様々な海洋研究を行っています。