メアリーローズ

ナノマグネットで鉄分を除去

長年、大型船の保存処理にはさまざまな問題がありました。

水中に使っていた木材を引き上げると劣化してグシャグシャになるため、化学薬品などで処理をするのに20-30年かかることもありました。PEG(ポリエチレングレコール)を使うのが一般的でありましたが、釘など鉄製品などから溶け出した鉄分が木材の中に入っていると化学反応を起こし、膨張して結果的に木材を破壊してしまうこともありました。

しかし、目に見えた変化を起こし始めるのは、処理を施してから数年経ってから。そのため、現在ではトレハロースなど新しい薬剤を使って処理することが増えていますが、メアリーローズ号や新安沈船など多くの著名な沈没船はPEGにより処理されており、ここにきて問題が発覚しています。

引き上げに数年、保存処理に数十年、やっと展示できたのに、劣化して崩れてしまう可能性がある!これは大きな問題でしたが、画期的な対処方法が生まれそうです。

簡単に言うと、木材の中に溶け込んだ鉄分を全て抜き取ってしまえば化学反応を起こさなくなるわけです。聞くと簡単そうに思いますが、鉄イオンとなって木材の芯まで溶け込んだ鉄分を実際に取り出す方法が今までありませんでした。さまざまな薬品に漬け込む方法もあるようですが、展示効果を維持、木材の現状を保つ、など条件が多くありました。

そのようななか、メアリーローズ号博物館などが中心となり進めている研究が大きな成果を見せているようです。鉄を抜き取る方法といえば、子供だったら逆にすぐに思いつくような発想です。そうです、磁石です。ポリマー単位の磁石を使い、鉄イオンを吸い上げる方法だそうです。

なかなか詳しく説明すると長くなるので、ニュース記事をお読みいただくか、論文などで発表されるのを待ちましょう。韓国の新案沈船など世界各地で問題になりつつあるPEGと鉄分の問題解決にやっと一歩近づいたような気がします。

「磁石を使う」と言う方法、気がつきそうでなかなか気がつかなかった。たぶん、大学院の授業などでこの問題を習ったときに、「磁石を使ってみたら?」と言ったら、他の学生から不思議な目で見られていたかもしれません。当たり前だけど、発想の転換と柔軟性、常識にとらわれない、など大きな発見とはこのようなものなのかもしれません。

個人的にはビックニュースだと思っています。研究成果を待ちましょう!

 

 

 

 

メアリーローズ号 ついに全貌が明らかに!

イギリスを代表する水中考古学遺跡と言えば、ヘンリー8世のメアリーローズ号ですね。

80年代に発掘が行われ、保存処理が数年前にやっと完成。一部公開をしながら乾燥させておりました。そして、完全中阿地での公開にいたりました。

当時はコンピューターを使っての記録方法など画期的でした。また。イギリス皇室が自らファンドを立ち上げ調査を実施。なんと、チャールズ皇太子も水中で発掘を行いました。特にヨーロッパなどでは皇太子や大統領などが水中遺跡の視察を実際に水中で行うことは稀なことではありません。余談ですが、プーチンさんも潜水艇に乗ったり自ら潜ったりしています。

保存処理には30年ほどかかった計算になりますが、やっと生の目で当時の軍艦を見ることができるようになりました。あまりに昔から有名なので、まだ発掘処理してたの?と思った方もいるかもしれません。発掘を担当した先生方などもだいぶ高齢になておられますし、すでに亡くなられた方もいます。一つの沈没船を完全な形で公開まで漕ぎ着けるのは大変な作業です。

とはいうものの、最近の技術や化学の発達により、保存処理作業も少しは楽になってきております。その話はまた別の機会にでも…

と、またまた最後に余談ですが、メアリーローズ号の発掘を記念して記念切手が過去に発売されたようです。その際、切手をデザインする方に発掘担当者から写真を渡したそうです。その中に皇太子の写真もあったそうです。実際にその写真が切手になったそうですが、何かの手違いかわかりませんが、切手には皇太子の名前もなかったそうです。切手の説明は、「ダイバーが水中で作業をしている様子」とのみ書かれていたそうです。マスクをしてますから、誰だかわからなかったのでしょう。一国の皇太子が「a diver」として記念切手になった珍しい例だそうです…未確認情報ですので、情報の扱いにはご注意ください!