日本

毎月連載 水中考古学へのいざない

井上たかひこさんが毎月連載記事を書いている産経WEST

昨日も最新記事が載りました。7月は北海道江差に沈む幕末の軍艦「開陽丸」の調査事業について。長崎の元寇遺跡である鷹島海底遺跡も有名ですが、実はこちらの軍艦の発掘が日本の水中考古学の幕開けとなった調査なんです。

北海道に旅行に行かれる際には、ぜひ立ち寄ってみたいですね。

詳しくは、井上さんの書かれた記事へ…

シンポジウムのお知らせ

ARIUA(アジア水中考古学研究所)からのお知らせです

日本財団助成による今年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」関連の研究会議が
沖縄県那覇市で開催されますので,お知らせします.
詳細は,以下のとおりです.
【主題】 南西諸島の水中文化遺産の調査の現状と課題
【調査・研究報告】
報告1「沖縄の海底遺跡の概要」 片桐千亜紀(沖縄県立埋蔵文化財センター、ARIUA会員)
報告2「黒島海底遺跡発見までの経過」 島袋綾野(八重山博物館学芸員)・片桐千亜紀
報告3「文献から探る水中文化遺産について」 渡辺美季(東京大学助教)
期 日:2009年7月18日(土)
時 間:13:00~16:30(12:30から受付)
場 所:沖縄県立博物館(講座室) 那覇市おもろまち3丁目1番1号
参加費:無料
【主 催】アジア水中考古学研究所・鹿児島大学・ 南西諸島水中文化遺産研究会 
【助 成】日本財団
【問い合わせ先】
 今帰仁村教育委員会(宮城弘樹) 電話0980-51-5477  Mail:mn-bunkazai@woody.ocn.ne.jp

 

当研究所と共同研究をおこなう
鹿児島大学法文学部・異文化交流論研究室と南西諸島水中文化遺産研究会との
共同研究事業の一環です.
この研究会議には,どなたでも参加できます.
ただし,参加されるばあいは事前の申し込みが必要ですので,問い合わせ先まで,ご連絡ください.
南西諸島の水中文化遺産やその調査の実情を多くの方に知っていただく,良い機会だと思います.
日程もせまっており,沖縄での開催ですので,関東・東北からの参加は難しいとは思いますが,
ご都合がつく方は,参加してみてください.
なお,南西諸島の水中文化遺産とプロジェクトの概要についてまとめたリーフレットを
添付しましたので、合わせてご覧ください。
会議のようすについては,日本財団公益コミュニティサイトCANPAN ブログでお知らせいたします.
http://blog.canpan.info/ariua/

 

もうひとつ,8月には,沖縄県立埋蔵文化財センターで水中文化遺産に関する講座が開かれます.
【主題】 第34回文化講座 「海に眠る琉球王国の歴史~沖縄県の水中文化遺産~」
【発表】
1「沖縄県の水中文化遺産」 片桐千亜紀(沖縄県立埋蔵文化財センター、ARIUA会員)
2「日本の水中文化遺産と海底遺跡ミュージアム構想」 野上建紀(ARIUA副理事長)
3「文化財保護法と水中遺跡」 清野孝之(文化庁調査官)
期 日:2009年8月22日(土)
時 間:13:30~16:30
場 所:沖縄県立埋蔵文化財センター 研修室  中頭郡西原町字上原193番地の7
対象者:一般(先着140名)
参加費:無料 事前予約なし
【主 催】沖縄県立埋蔵文化財センター
【問い合わせ先】
 沖縄県立埋蔵文化財センター調査班  電話098-835-8752
詳細は,http://www.maizou-okinawa.gr.jp/engan_2009/index2.html を参照してください.