金沢文庫

連続講座 唐物と東アジアの海域交流

神奈川県の金沢文庫で開催される特別展「唐物KARA-MONO」の関連講座。

金沢文庫の特別展については、こちら

鎌倉と海とのつながりを考える講座が多いですね。12月9日は、興味のある方は、ぜひ。

第1回 11月11日(土曜日)梅沢恵(神奈川県立金沢文庫主任学芸員)「鎌倉地方における唐物受容」

第2回 11月25日(土曜日)石野一晴氏(学習院大学研究員)「観音様に会える島-明代における普陀山復興と巡礼-」

第3回 12月2日(土曜日)西谷功氏(泉涌寺宝物館「心照殿」学芸員)「入宋僧と普陀山観音信仰」

第4回 12月9日(土曜日)佐々木蘭貞氏(九州国立博物館研究員)「鷹島海底遺跡の調査とその後 これからの水中考古学研究」

第5回12月16日(土曜日)長岡龍作氏(東北大学教授)「海をわたる釈迦像-清凉寺釈迦如来像の胎内に見る信仰世界」