保存処理の基礎 その3

一般的に、水中から引き上げられた金属遺物は保存処理を行うまで脱塩およびサビ止めのため____に浸す。

セスキカーボネイトやナトリウム溶液につけて保存されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です