鷹島海底遺跡と水中考古学 セミナーのお知らせ

水中考古学公開セミナー

「水中考古学から学ぶ」を開催!

 

日本の水中遺跡の聖地、そしてアジフライの聖地…長崎県松浦市は、蒙古襲来(元寇)の沈没船が発見されたことで有名ですね。そこで、水中考古学のセミナーを開催するようです。

水中考古学について学んで、おいしいアジフライ、そして、ふぐも食べれます。

 

長崎県松浦市鷹島町の市立水中考古学研究センターは、10月12~14日の公開セミナーの受講者を募集している。誰でも無料で受講できる。申し込みは9月30日まで。

10月12日(土曜日) 13時00分~16時00分

10月13日(日曜日) 13時00分~17時00分

10月14日(月曜日・祝日) 8時30分~16時20分

 松浦市立水中考古学研究センターでは「鷹島を水中考古学の拠点」を目指す取り組み一環として、鷹島海底遺跡および国史跡鷹島神崎遺跡の周知と水中考古学の普及公開に資するため、水中考古学公開セミナーの参加者を募集します。
セミナーでは、これまで水中遺跡の調査・研究に携われた方や蒙古襲来の歴史に詳しい専門家を講師に、最新の研究成果をもとに遺跡の謎に迫ります。

 

お申込みは、こちらですね。詳しくは、必ず松浦市のウェブサイトをご確認ください!

https://www.city-matsuura.jp/top/kanko_bunka/event/3623.html

 

 

引用元:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/545660/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です