Abema TV 出演します

新年早々、アップデートをおろそかにしておりましたが、調査でバーレーンという国に行ってました。バーレーンの水中遺跡については、後ほど詳しく書きます… 1週間ほど行っていましたが、今日は初出勤、そして、さっそく明日は東京出張 …

2020 未来予想…

あけましておめでとうございます! 皆様の声援に支えられながら、このブログを続けてこれたことを感謝します。昨年は、サイトをちょっとリニューアルし、アクセス数も順調に増えています。どうもありがとうございます、そして、今年もよ …

2019年を振り返る…

2019年…今年も様々な発見がありました。 水中考古学関連のニュースとして一番おどろいたのは…3月のエチオピアの飛行機事故。シチリアの水中考古学のトップ、セバスティア―ノ・トゥサさんが乗っていました。日本にも水中遺跡の調 …

日本の現状と課題

J−CAST News さんから、取材を受けました。 日本の水中遺跡調査の現状について   ニュースは、私の意見プラス記事を書いた記者さんのリサーチも含まれます。   詳しくは、リンク先をご覧いただけ …

アイルランドの水中考古学

アイルランド… ごくごく簡単に、アイルランドの沈没船地図の紹介と水中文化遺産保護のシステムを紹介します。   水中遺跡の保護はしっかりと法的根拠に沿って保護を行っています。ユネスコと同じく100年をひとつの区切 …

都市の下に眠る沈没船

さて、上の写真について。 左はサンフランシスコの発掘調査で明らかになった船の遺跡を示しています。サンフランシスコはちょうどゴールドラッシュの時に、港を拡張する際、土砂などと一緒にゴミ、そして船もそのまま残して埋め立ててい …

沈没船の3D復元

近年、デジタル技術がどんどん進化しています。まあ、当たり前ですが、昔は想像もつかなかったことが、今、できるようになっていたりします。 20年前、水中でテープメジャーを引っ張ってコツコツと実測をしていましたが、今は、すーっ …

「海没遺骨」収集を検討へ

さて、詳しいことはまだわかりませんが…速報ということで。 読売などでニュースがでていました。   厚生労働省は18日、戦時中に太平洋などに沈没した艦船や徴用船の中に残されている「海没遺骨」の収集を検討することを …

水中考古学と薬物について…

さてさて...こんなニュース記事見つけました。 麻薬潜水艦はなんと「使い捨て」。カナリア半島には麻薬潜水艦の墓場が!? 麻薬を密輸するために、自家製の潜水艦を作っていたとか...しかも、それほど珍しいことではないそうです …

江口沈銀遺跡

四川省文物考古研究院が調査を行っています。数年前から大きな発見が続いています。川を一部せき止めての調査です。内陸でも水中遺跡はたくさん発見されています。   以下、ニュース記事から引用   彭山区文化 …

ライブラリー

今日は、海事・水中考古関係の本を紹介します! 日本語で書かれたものを中心に、また、初心者向けの一般図書です。アマゾンなどで買えるものを選びました。フィクションなど、水中考古学と直接関係のない本もありますが… ここでは、数 …

チチカカ湖の遺跡に注目

日本語ニュースがあったので、お伝えします。 南部チチカカ湖(ティティカカ)で潜水発掘調査が行われています。数年前から調査が始まり、時折ニュースになっています。このサイトでも以前紹介しています。     …

今日のニュース

みなさまに水中考古学・水中遺跡などに関する情報を提供するため、様々な情報網を駆使してニュースや話題を探しております。その中で、独断と偏見により、面白いと思う記事をお伝えしています。 今日は、恒例の「本日の気になったニュー …