10月3日 ライブ配信!

海底に眠る遺跡を探せ!

歴史を解き明かす水中考古学の世界

10月3日 20:00 スタート

リンクはこちら

 

水中考古学の魅力を語る、ライブ配信(講演)です!

 

海底に眠る「遺跡」「沈没船」、世界の海にはたくさん眠っていると言われています。

スウェーデンの17世紀の軍艦ヴァーサ号は海底から引き揚げられて観光客に人気の博物館となり、イタリア南部のカンパニア州バイアにあるローマ時代の海底遺跡は、調査の上「バイア海底考古学公園」として整備され、ダイビングスポットにまでなっているという。また、ヨーロッパだけでなく世界各地で水中遺跡の調査が進んでいる。例えば、スリランカでは紀元1世紀ごろの沈没船が発見され、研究者の間で話題となっています。

島国日本にも未だ見ぬ数々の水中遺跡や沈没船があると言われています。

しかし、こうった水中の歴史の調査は日本はかなり遅れているのが現状です。

みなさんもなかなか聞いたこともないと思います。

そこで本日は日本に数人しかいない水中考古学者のRandy Sasakiさんにお越しいただき、海底の歴史を解き明かす水中考古学の世界についてお話しいただきます。

講演では、水中遺跡をどのように探すのか、音波探査や水中ロボットなど探査技術についても詳しく解説します。

・歴史に興味がある人

・遺跡や沈没船の話を聞くとワクワクする人

などなど

これを機に水中考古学の魅力に触れましょう!

■Randy SASAKI

世界をフィールドに水中に沈む遺跡の調査研究をしています。 水中遺跡の探査手法、マネージメント、保存処理、活用など。 海に囲まれているにも関わらず、水中考古学の分野では後進国の日本。この状況を変えるには、多くの人に水中遺跡の存在を知ってもらう必要がある。そのため、一般社団法人うみの考古学ラボ(仮)の設立に向け現在準備中(10月1日設立予定)。 神奈川県出身。テキサスA&M大学で博士号を取得。論文・著書複数、『世界一受けたい授業』にも出演。

 

 

引用元:https://nowdo.net/events/c4ne38i23akg009ckeug

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る