ストックホルムといえば…

秋といえば、ノーベル賞発表の季節ですね! 今年は、リチウムイオン電池開発で知られる吉野彰さんが受賞!おめでとうございます!なんと、趣味は考古学だとか…吉野彰さんストックホルムに行かれたら、ぜひヴァーサ号博物館へ行ってくだ …

水中考古学の学術ジャーナル

とある研究分野が、学問であるか学問でないかの違いはどこなのか? 難しい質問かもしれませんが、(査読のある)学術論文(ジャーナル)の有無が一つの基準・要素であるかもしれません。 水中文化遺産・水中遺跡に関して、幾つか専門誌 …

水中文化遺産作業マニュアル

ユネスコは、水中文化遺産の保護に取り組んでいます。水中文化遺産保護といっても具体的にイメージしにくいでしょう。条約には、補足として36の規則があります。この規則は、実施に水中で遺跡に対して作業する際の取り決めになります。 …

海工房

最近知った興味深い会社です。海との関わりのあるドキュメンタリーなどを作成しています。Bahariシリーズはなかなか面白そうです。このBahariという言葉ですが、インドネシア語で海という意味だそうです。アラビア語でも同じ …

海洋考古学で仕事を探すならココ!

海事、水中、海洋、船の考古学など、とにかく関連の仕事をリストアップしてくれるサイトです。博物館、大学、研究機関などがおもですが、民間企業からの募集もあります。長期契約から短期契約の仕事もあります。 このサイトから実際に海 …

トップに戻る