WHOI

アメリカを代表する海洋開発研究センターです。  ウッズホール海洋研究、略してWHOIです。 日本でいえばJAMSTECになりますね。 潜水艦ALVINや水中ロボットなどなどいろいろあります。 もちろん水中考古・深海考古学 …

JAMSTEC

日本の海洋研究開発機構です。 深海や海溝など世界的に有名な潜水艦や水中ロボットの開発、運営を行っています。 その他の研究などなど幅広い分野で実績をあげています。 どうして水中考古がないんでしょうか? 

東海大学 海洋学部

東海大学海洋学部のホームページです。 東京大学とともに日本の海洋学をリードしてきた大学です。 海洋文明学科 も新しく出来、これから水中考古に力を入れていくんでしょうか? 根元教授も水中考古に興味をもって活動をしています。 …

東京大学海洋研究所

東大の海洋学部です。 考古学関係は手を出してませんが、サーヴェイの機材など揃っているようです。 これから海洋考古にも力を入れてもらいたいですね。  特に深海考古学では海洋研究者との協力がない限り無理な研究です。 海洋学の …

Vancouver Maritimemuseum

Delgado先生が官庁を勤めるバンクーバー海洋博物館のサイトです。 先生は鷹島海底遺跡のドキュメンタリーを以前作成しました。 精力的に活動をし、忙しい先生ですが、質問など親切に答えてくれます。  バンクーバーに行く機会 …

Korean Maritime Museum

韓国の木浦(モクポー)にある海洋博物館のページです。  多少交通が不便でしたが、行ってみる価値のある博物館です。 新安沈船などが展示してあり、博物館の親切なみなさんやらスタッフに恵まれてます。 やはり、一度は本物の沈船を …

Sub-Arch

海洋考古学・水中考古学のリスト・サーバーです。 世界の専門家が数多く集まりますので、特定の質問などを掲示するといろいろと教えてくれます。 トレジャーハンターと考古学者の争い(?)もなかなかおもしろいです。

MUNA News

水中考古学、海事史関係のニュースリンクのページ。 1-2週間おきにアップデートされています。 なかなか良い記事を世界中から集めてきています。

News Blog

水中考古学、海事史関係のニュースリンクのページ。 海外のほとんどの情報はここから手に入ります。  1日平均2-3件の新しい記事が追加されています。  そのため私は毎日しらべてますね。 どこでこれだけの記事を集めてくるのか …

University of Rhode Island

ご存知、タイタニックのバラードさんがRhode Islnad大学海洋学部と一緒に作った海洋科学考古学プログラムです。 去年できたばかりなのでこれからどうなるかわかりませんが、最近の技術の発達によりロボットによる水中発掘が …

University of Southampton

イギリスの大学です。 何人か知り合いの生徒の情報によるととても良い大学だそうです。 プログラムもきっちりしていますし、環境も良いそうです。 テキサスでMAをとった後、博士号にはここの大学へ行こうと考えてる人もいます。 一 …

University of Haifa

イスラエルのHaifaにあるMaritime Civilization (海洋文明)学科です。 クラスなども整ってますし、教授も揃ってます。 イスラエル、ギリシャ、ローマなどの造船、港などに興味があればここで学ぶのがベス …

University of West Florida

こちらもあまり情報がないのですが、著名な沈没船の発掘のプロジェクトが幾つかあります。 Emanuel Point Wreckなどは特に有名です。  微妙にテキサスのプログラムと雰囲気が似てるようなきがしますが、造船史、ま …

Indiana State University

あまり情報がないのですが、発掘技術と水中遺跡保護のクラス以外は特にこれといってないようです。  教授も数名しかいません。 情報が少なくてすいませんが、直接メールなどでコンタクトをとってみては?

Eastern Carolina University

テキサスとともに歴史のある(といっても20年ほどですが)プログラムです。 特に力を入れているのは仕事になる水中考古学のような気がします。 発掘技術なども学べます。 アメリカの海事史研究などが有名です。  考古学よりも歴史 …