ハーマン号県指定文化財 記念特別展

千葉県立中央博物館からのお知らせ

 2021年6月8日(火)~9月5日(日)

 千葉県指定文化財「明治二年奥州出征米国船ハーマン号勝浦沖遭難絵巻」指定記念展を開催するそうです。

 

抜粋

 展示の概要
 戊辰戦争中の1869(明治2)年、新政府軍の熊本藩士らとともに勝浦沖に沈んだ米国蒸気船「ハーマン号」の顛末を伝える絵巻が、熊本藩士の遺族から勝浦市に寄贈され、新たに千葉県指定有形文化財に指定されました。
 「ハーマン号」の事件は、房総の歴史の幕末・明治維新期におきたトピックスであり、新指定を記念して、絵巻の一部を展示します。

 

ハーマン号は、20年以上前から井上たかひこさんが調査を続けてきた船です。念願かなっての県指定、そして記念展示会ですね。

 

ハーマン号の発掘についてPDF(プレゼン)

 千葉県には、まだまだたくさんの水中遺跡があります。今後に期待ですね!

引用元:https://funeco.jp/news/news-17565/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る