パナマで南北戦争時代の潜水艦発掘

アメリカ南北戦争時代(1869年代)に作られた潜水艦が戦争が終わってからパナマで使われていました。しかし、乗組員が原因不明の病気になるため、使われなくなりました。これは圧縮空気を使っていたため潜水病(血液中の酸素と窒素の割合が変化するためにおきる病気)になったものと思われます。さて、今回ここでもご紹介したカナダのDelgado先生が調査を始めるそうです。

引用元:http://www.nydailynews.com/news/wn_report/story/317199p-271307c.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です