中国山東省で600年前の古代船見つかる

中国山東省蓬莱にある古代の鄭州港の遺跡で20mを超える木造船が見つかった。山東省文物局のYou Shaoping氏は元朝(1271-1368)の戦艦ではないかとみている。1984年にも同省蓬莱で元朝の戦艦が見つかっている。長さ28m、幅5.6m、高さ1.2mでその当時最も大きく保存状態の良い船であった。今回の船は20年前の発掘の間に見つかっていたが、船の半分が民家に覆われていたため埋めなおされていた。今回、地方自治体が中心となり、住民を移転させたため、再び発掘にこぎつけた。驚いたことには、三番目の保存状態のよい船も発見された。専門家は元、明の時代に中国船の航海術は大きく進歩したと語っており、古代の鄭州港は1000年前の北中国の重要な軍港であったようだ。今回の発見は中国の戦艦・港を研究する上で大変重要である。

引用元:http://news.xinhuanet.com/english/2005-08/12/content_3343602.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です