沈船からの陶磁器採取の是非について

8月13日にシドニーで開かれたThe Art Gallery of New South Wales (AGNSW) and the Asian Art Society of Australia (TAASA)の後援によるシンポジウムで、ベトナムの沈船から採取した陶磁器に関する紹介があったようです。オーストラリアの文化財関係者は文化財保護の観点から、懸念を持っているようです。

引用元:http://www.taasa.org.au/index.php?itemID=3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です