戦後70年の水中戦跡

鷹島海底遺跡をはじめ水中文化遺産の取材をおこなっているRKB、戦後70年にあたる2015年には水中に沈む第2次大戦中の船舶についても現状を報告しています。 http://rkb.jp/news/news/30204/ 取 …

海洋考古学からみた海、船、ヒト

東海大学研究者らによる海洋考古学関連のトークが11月28日に清水で開催されます。テーマは考古学と海の生き物、水中探査ロボット、海底遺跡の公開、水中文化遺産とユネスコなど。水中考古学、海事考古学、水中文化遺産が学べる東海大 …

海のエジプト展記念シンポジウム

横浜で6月27日より開催される「海のエジプト展」にあわせて記念シンポジウムが開催されるようです。 7月4日(土)13:00―15:30パシフィコ横浜アネックスホール フランクゴディオ氏ほか、アジア水中考古学研究所の野上建 …

フロリダの海底遺跡ミュージアム

アメリカでは各州によって海底遺跡や沈没船資料などへの対応が異なります。フロリダは政府による対応が最も充実している州の一つです。州政府で海事考古学者として働くロジャースミス氏が中心となって、沈没船遺跡の見学情報Shipwr …

ドイツフライベルク工科大学でワークショップ:International Workshop 2009: Research in shallow marine and fresh water systems

この5月にドイツの地方都市で水中探査に関わる国際的ワークショップが開かれるようです。水中考古学のみワークショップではありませんが、ワークショップで発表される技術は私たちの分野でも活用が期待されるものです。

アジア太平洋地域における水中文化遺産保護のためのネットワーク構築と人材育成

ユネスコ水中文化遺産保護条約では、地域間連携に基づいた効果的な水中遺跡の保護について規定しています。アジア・太平洋地域では水中文化遺産保護に携わる人材の育成が徐々に進んでいます。フリンダース大学の海事考古学プログラムはオ …