オランダ東インド会社アヴォンスター号Avondsterの復元

現在内戦が続くスリランカからです。スリランカの南部の都市、ゴールはポルトガル、オランダ、イギリスの植民の跡を港として世界遺産にも指定されています。植民統治時代の要塞と旧市街がその主な文化遺産です。要塞が臨むゴール湾では、VOC(オランダ東インド会社)船籍の沈没船アヴォンスター号が発見されています。沈没船の遺存状況は大変良好であり、原位置での保存が実践されています。ニュースはこの沈没船の模型復元に関するものです。以前にも紹介しましたがアヴォンスター号は日本に寄港したオランダ船であり、水中発掘調査では肥前陶磁が回収されています。現在開発が進むゴール湾の事業には日本の企業も参加しています。要塞、旧市街地と同様にゴール湾に沈む沈没船も遺跡群の一部です。正しい保存と研究の進展が進むことを願っています。

引用元:http://www.sundaytimes.lk/090329/Magazine/sundaytimesmagazine_00.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です