ユネスコ水中文化遺産保護条約21番目の批准国

チュニジアが21番目の条約国となるようです。
3月にユネスコ本部のあるパリで開催される批准国
会議には21ヶ国が出席する予定となりました。

UNESCO has just advised that another country, Tunisea, has ratified the 2001 UNESCO convention for the protection of underwater cultural heritage. This brings the current number to 21 – the minimum of 20 signatories has now been passed even before the meeting of ratified State Parties in Paris at the end of March.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です