中国の水中考古学に期待しています

最近の中国の水中考古学はかなり力がはいってます! 
すでに何年か前から発見されている宋の時代の船、Nanhai No.1(約800年前に沈没)ですが、発掘する計画がたてられました。なんと、周りの砂ごと引き上げてプールに移し、そこで発掘を行うようです。プールはガラス張りにし、発掘作業を一般に公開できるように、その周りに新しく博物館を建てるとのこと。150,000,000元(約18.5億円)このプロジェクトに投資されるそうです。
このほかにも中国の国家水中考古学チームは10件ほど沈没船を確認しているそうです。Nanhaiプロジェクトは中国の歴史、特に海事史研究におおきな成果を与えるだけでなく、これからの水中考古学の発展に大いに貢献することを期待しています。

引用元:http://news.xinhuanet.com/english/2005-08/26/content_3404539.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です