水中調査の安全確保について

南オーストラリア州では、人がサメに襲われる事例が相次いで報告されいます。上記の記事はサーフィンを行っている最中に起こった出来事ですが、2週間前にはアデレード大学のダイブチームのメンバーが、サメに襲われ命を落としました。昨年12月にも同じく、サーファーがサメに襲われ亡くなっています。ダイビング中にサメに襲われる可能性は大変稀ですが、安全確保は何より優先される事項です。フリンダース大学水中考古学学科はこれを受けて、テクニカルオフィスを中心に安全作業の見直しを行っています。

引用元:http://www.news.com.au/story/0,10117,16492868-2,00.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です