千年前の宝....

以前にもお伝えしたニュースのアップデートです。約1000年前の中国の船がインドネシアで発見され、またトレジャーハンターによって遺物が引き上げられました。遺物はオークションにかけられ50%の収益がインドネシア政府に与えれらるそうです。

私の意見としては、この沈没船をしっかりと研究し、博物館を作ったほうが地域の活性化につながることは間違いのないことです。博物館を作るのに最初に投資しなければいけませんが、地域の観光、そして博物館での仕事など幅の広い収入元ができます。もっと大きな視野をもって水中文化遺産を考えなくてはなりません。

引用元:http://news.yahoo.com/s/afp/20051026/lf_afp/indonesiaarchaeology_051026031453

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です