タイタニック発見から20年、新発見?

ロバート・バラード博士がタイタニック号を発見して20年経ちます。今年、(バラード博士ではないですが...)タイタニック号の調査が行われました。その結果、今まで2つに割れたと思われていた船体が実は3つに割れた可能性があることを指摘しました。バラード博士はこの発見に関してこう発言しています。“新しい発見に驚いているかって? 海底面はたくさんの遺物や船体が散乱しているからね。 氷山に当たって沈んだんだ。 それだけだ、もうどうでもいいじゃないか。”と多少投げやりなコメントをしています。

バラード博士は現在、黒海や地中海で沈没船のサヴェーイを行っています。テキサスA&Mの教授も共同で作業を行っています。これらの研究に比べ未だにタイタニック号の話で盛り上がっているのに嫌気がさしているのでしょうか?今度、機会があったら(本人の機嫌をそこなわないよう)なんとなくきいてみます。

引用元:http://news.yahoo.com/s/cpress/20051205/ca_pr_on_sc/titanic_find;_ylt=AplS7aWhgizbUuQHX1yO.6ms0NUE;_ylu=X3oDMTA3MzV0MTdmBHNlYwM3NTM-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です