ミノア文明の船の調査開始

1985年にタイタニック号を発見したことで有名なロードアイランド大学海洋学部教授のロバート・バラードさんがクレタ島の近海でミノア文明の船の調査を開始するようです。すでにソナーによって古代船である可能性が確認されており、クレタ島の北西75マイルのあたりを調査する予定のようです。同大学の考古学者、メアリー・ホリンシェッドさんは、あまり詳しく分かっていないミノア人とミケーネ、エジプト、シリアとの交流がはっきりするかもしれない、と述べています。

ミノア文明はエーゲ海のクレタ島でおよそ2600-1450BCに栄えた青銅器文明です。

引用元:http://news.yahoo.com/s/nm/20060601/sc_nm/life_minoan_expedition_dc_1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です