世界中で話題が持ちきりの中国の「南海Ⅰ号」

水中考古学に関心のある方なら、検索すれば出てくる「南海Ⅰ号」の話です。沈没船の年代について、積載されていた硬貨から南宋と特定されています。しかし、積載されている硬貨でも、北宋の異なる時代の硬貨が多くの割合を占めるそうです。沈没船の年代特定で重要な要素です。

引用元:http://www.pekinshuho.com/tp/txt/2008-03/13/content_104643.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です