日韓共同水中考古学研究会  

この研究会は、アジア水中考古学研究所と韓国文物研究院及びウリ文化財研究院共催によるもので、2年ごとに日韓交互で開催するものです。
第1回は2年前の2008年5月に韓国・釜山で開催しました。
今年度の研究会は第2回目で,日本では初めての開催で、日本財団助成事業「海の文化遺産総合調査プロジェクト」の一環として第4回『水中文化遺産と考古学』シンポジウムを兼ねて開催します。

日本のみならず,韓国での水中考古学の実情を知ることのできる機会です。
興味がある方は,参加してみてください.

以下,研究会の詳細です.

日本財団助成事業
2010年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会
第4回『水中文化遺産と考古学』シンポジウム
第2回日韓共同水中考古学研究会

開催日時: 9月12日(日) 9時~17時
場 所: 福岡市博物館・講堂

発表者およびタイトル
[日 本]

・田中克子(ARIUA会員・福岡市教育委員会)
「長崎県五島列島小値賀における日宋交易に関する一考察
―前方湾海底遺跡調査の成果より―」
・高野晋司(ARIUA会員・長崎県教育庁学芸文化課)
「蒙古襲来を掘る」
・宮城弘樹(ARIUA会員・沖縄県今帰仁村埋蔵文化財課)
「南西諸島の水中文化遺産の概要」

[韓 国]

・金炳菫(国立海洋文化財研究所)
「水中発掘の高麗船舶の構造と時代区分」
・魯京正(国立海洋文化財研究所)
「忠南泰安郡馬島の沖における水中発掘調査の概要」
・金尹姫(韓國文物研究院)
「海底遺跡出土の高麗靑磁の現況と特徴」
・兪炳琭(ウリ文化財研究院)
「水中考古学の現況」

連絡先: 特定非営利 アジア水中考古学研究所
TEL&FAX 092-611-4404
E-mail kosuwa@h6.dion.ne.jp

※資料代は別途(500円程度)となりますが、参加費は無料です。
事前の申し込みも不要ですので,参加される方は当日直接会場にお越しください。
なお,ご不明な点等は、アジア水中考古学研究所にお問い合わせください。

引用元:http://www.ariua.org/news/news20100805/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です