中国・ケニア合同調査

このサイトで何度かお伝えしている、中国・ケニアの合同調査。ケニアの沖で中国の沈没船を探すというプロジェクトですが、中国政府は特に明時代の大航海を築いた鄭和の船を捜すことが目的ではないとしています。中国のジャンク船が発見されても鄭和の船との特定は難しそうですし。

現在のところ何隻かターゲットを発見している模様。今年中にはそれぞれについて詳しく調べる新たなプロジェクトが開始されるそうです。すこしずつ成果が見えてきたような気がします。ジャンク船が特定されれば大発見ですね。インド洋の水中考古学に新たに注目が集まるかもしれません。

引用元:http://www.globalpost.com/dispatch/news/regions/africa/kenya/110607/sea-hunt-ancient-chinese-ship-african-coast

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です