大ベトナム展

九州国立博物館で現在おこなわれている『大ベトナム展』ですが、6月9日まで開催です。

最近は、ベトナムもいろいろと注目を集めておりますが、歴史・考古も目が離せません。九州という土地柄もあり、この特別展のテーマはアジアの中のベトナム、日本とベトナムの国際交流が打ち出されています。「ベトナム」展ではありますが、海を介した繋がりがメインですので、ベトナムに興味があまりない人でも楽しめるのではないでしょうか?

特にこの展示ではベトナムで発見された沈没船(ホイアン沖・クーラオチャム沈没船など)からの遺物なども見ることができます。また、朱印船の絵図などもあります。文献資料として、ベトナムから日本宛の手紙(戦国~江戸にかけて)などもあり、アジアの海事史を知るうえで貴重・重要な資料がそろっています。

九州国立博物館に行ったことがない人など、この機会に行ってみてはいかがでしょうか?

引用元:http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s31.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です