海賊の海に沈んだオランダ商船の謎

毎月、産経WESTで連載されている「水中考古学へのいざない」、今月は井上たかひこさんが実際に参加された発掘調査から。

ドミニカ共和国のモンテ・クリスティ沈没船の謎・・・ 発掘調査によりオランダで作られたと思われるタバコパイプ(長崎・出島にも似たようなものがありますね)が3万点ほど発見されていますが、実は、この船について詳しいことは分かっていません。そもそも、どこの国の船なのか、現在のドミニカ共和国周辺にいたのはなぜか?海賊行為によって略奪された船なのか?

17世紀、スペイン(ポルトガル)・イギリス、そしてオランダなどが、お互いに海賊行為(私掠勅許状を持っているものも含む)を行いながら大西洋に勢力を拡大していた時代… 文献に残されていない様々なドラマがあったことでしょう。

 詳しくは、連載記事を。

引用元:http://www.sankei.com/west/news/170917/wst1709170003-n1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です