ユネスコ 水中文化遺産

UNESCOの水中文化遺産保護法案に記載されたルールが全部で36件あります。このRule1の内容は?

  1. 遺物の売買はこの法案と相対するものであり、認められない。
  2. 調査には国際協力をすすめておこない、情報交換をスムーズに行うようにする。
  3. 経済的排他水域(EEZ)での発掘にはUNESCOの許可を必要とする。
  4. 遺物の保存処理に関する予算、展示・保管のプラン、資金の確保は発掘を始める前に行わなくてはならない。
  5. 調査を行う場合は遺跡の現状保持を第一とする。

正解を確認する »

[ 正解 ]

5. 調査を行う場合は遺跡の現状保持を第一とする。

UNESCOの法案ではざっと読んだ印象ではほとんど発掘ができないほど管理、現状維持に力を入れているように感じられます。しかし、盗掘や専門でない人・会社などの発掘などさまざまな問題から遺跡を守るのにはスタンダード、そして管理する法律が必要となるのは確かです。

引用元:http://unesdoc.unesco.org/images/0012/001260/126065e.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です