プログラム紹介

 海外の研究機関における水中考古学に関する研究の情報は、日本では入手し難いのが現状であるため、今後数回にわたりオーストリアの水中考古学について紹介します。

・Postgraduate courses in Maritime Archaeology 

 Flinders University(以下フリンダース大学)ではDepartment of ArchaeologyにPostgraduate studentsを対象にしたMaritime Archaeologyコースを設けています。
現在は;

  • Graduate Certificate in Maritime Archaeology
  • Graduate Diploma in Maritime Archaeology
  • Master of Maritime Archaeology

の3プログラムが提供されており、カリキュラムはプログラムにより半年から一年半に分かれています。コース入学の条件に関しては考古学もしくはそれに類する学科で学位を修めていることが前提であり、Postgraduateコースに在籍している学生は様々なバックグラウンドを持っています。

・Education of Maritime Archaeology in Australia

 大学院のカリキュラムの内容は、プログラムによりますが、主にコースワークとリサーチワークで構成されています。特に修士課程を除いては、学生はコースワークを中心に単位を修得することが要求されます。大学院に在籍している学生は半数以上が海外から水中考古学を学びに来ているInternational Studentsで占められており、国内からはフリンダース大学のある南オーストリア州外に住む学生もカリキュラムを履修しています。国土が広いためフリンダース大学では遠距離学習システムを採用しており、maritime Archaeologyコースの一部の単位はこのシステムを利用して習得することが可能です。

・Staff of Maritime Archaeology in Flinders University

 フリンダース大学では現在2名の水中考古学専門のスタッフが大学院生の指導にあたっています。Mark Staniforthは1980-90sを中心にオーストアリアにおいて水中発掘調査の実績を重ね、Maritime Archaeologistとして州政府・海事博物館に勤めた後、現在フリンダース大学の助教授として学生の指導に当たっています。Joe FlatmanはイギリスのSouthampton University(以下サザンプトン大学)で博士号を取得し、同大学での教鞭をとった後、2004年からフリンダース大学のスタッフとして大学院生の指導に当たっています。考古学部全体はMark、Joeを含め6名のメインスタッフと数名の技術スタッフ等で構成されています。

引用元:http://ehlt.flinders.edu.au/archaeology/welcome/maritime.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です