ICOMOS総会 文化遺産保護

第15回ICOMOS (International Council on Monuments and Sites)総会が中国で行われています。この会は文化遺産保護などを訴える国際的な学会です。この席で中国の水中考古学の現状について討論がありました。トレジャーハンターや海岸の開発により多くの遺跡が失われています。 貴重な水中文化遺産ではあるものの、一般にはあまり水中の文化遺産の存在がアピールされているとはいえず、この状況を改善する必要があるとのこと。国家が水中文化遺産保護の法律などをきちんと成立させることが重要であると強調しています。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む