Nanhai―1号

何回か紹介しているNanhai―1号についてです。このアメリカのニュースによれば引き上げのための専用の船を作っているとか?

ご存知のないかたはこのページの検索でさがしてみればいろいろ出てきますが、もう一度簡単にNanhai-1号について。800年ほど前に沈没した船だと考えられており、この沈没船をそのままグイッと周りのシルトごと発掘する予定だそうです。その後、それをそのまま現在建設中の博物館へ丸ごといれてそこで発掘を行うという中国ならではの豪快な発掘・引き上げを行うそうです。

私、個人の意見としてはこれだけお金を掛けるということはそれだけ中国が水中考古学の価値を認めたということで、日本とは比べ物にならないほど意識が斬新的であるといえます。日本政府もこの5%ぐらいでも水中考古学にお金を使えば良いのですが… しかし、これだけのプロジェクトを組まずにサーヴェイなどを行ったほうが将来的には良いと思うのですが、どうなるか分かりません。今後見守って行きましょう。

こちらのNewsもご覧下さい。
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,25689-1969222,00.html

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む