徳川家紋入りの瓦、水中ロボットを使い調査

伊豆半島の初島沖には徳川の家紋が入った瓦をのせて沈没したと思われる船の遺跡があります。数年前に発見・報告されていましたが、今回、改めて調査が行われました。

調査を行ったのは、アジア水中考古学研究所(ARIUA)と東京海洋大学。ARIUAは、長年鷹島海底遺跡などで調査を行い、また、全国の水中遺跡のデータベースなども作成しています。

今回の調査は水中ロボットを使い、集積する瓦などの遺物を撮影すること。今後、ロボットなどを使用した調査が増えていくことに期待がかかります。

詳しくは、朝日新聞の記事で。もしくは、研究所のブログなどもご覧ください!

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む